内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

AGC、化学品プラントのプロセスデジタルツイン開発、インドネシア子会社で運用開始

企業:

AGCは4月17日、化学品プラントのプロセスデジタルツインを開発し、インドネシアの化学品製造・販売子会社のアサヒマス・ケミカルの塩化ビニルモノマー(VCM)製造プラントで4月から本格的な運用を開始すると発表した。

「プロセスデジタルツイン」の概要

「プロセスデジタルツイン」は、実際のプラントの運転データを、プラント情報管理システム(PIMS)経由でプロセスシミュレータにリアルタイムに取り込み、即時に高速計算することで、仮想空間上にプラントの現在の状態を再現する技術。

システムの活用することで、これまで取得できていなかったデータや、リアルタイムに参照できなかったデータをシミュレーション上で推算し、運転状態や装置性能などの可視化が可能になる。また、迅速な状況把握とデータに基づいた意思決定に役立てられる。

AGCでは、今回開発したプロセスデジタルツインで、反応から蒸留精製までの幅広い工程をカバーすると同時に、実プラントの再現度を高めるために3つの工夫を施した。

1つ目は、最小ステップの反応「素反応」まで考慮した厳密な反応モデルを組み込み、操業管理上のカギとなる副生成物の挙動まで再現した。

2つ目は、ダイナミックシミュレーションを行うことで、プラントの安定状態だけではなく、変化する過程の状態も再現。3つ目は、実データを基に汚れなどの影響による、装置能力の経時的な変化を自動補正することで、実プラント状態の再現性を向上させた。

同社では今後、プロセスデジタルツインをより多くのプラントへ展開することで、オペレーションを高度化し、一層の安定操業を目指すとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録