内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

HTC、ビジネスコミュニティのメタバース化 ーMWC2023レポート7

企業:

MWC2023レポートの第7弾は、HTCだ。

すっかり最近はスマホメーカーというよりXR事業の会社となった感もあるHTC。よくよく考えてみると、5年くらい前からMWCではVIVEブランドの展示しかしていなかったかもしれない。

もともとHTCはスマホが事業の中心だった頃、HTC SENSEと言われる独自のUIを開発し、Androidスマホの中で最も快適だと言われていた。またスマホのブランドには「Desire」と名付けるように、人の感性や情緒を重視したブランド展開をしている企業だ。

メタバース空間はまさに人が自分のなりたい“像”になることができる場として、高いポテンシャルがあるため、人本来の願望や欲求を叶えていくための環境構築をデバイス、プラットフォーム両面で進めている。

今回も例年と同じ場所に様々なXR体験ができるブースを展開。まず視界に入ったのが「VIVERSE」というコトバだ。「VIVERSE」はHTCが提供するメタバースプラットフォームで、VRのヘッドマウントディスプレイに限定せず、Webブラウザ経由で利用可能となっている。自社のデバイスを売るためのものではなく、フラットにメタバースの価値を拡張し、より多くの人にその価値を届けていこうとしていることがわかる。

MWC2023 HTC

ブースでは、最新のHMDであるVIVE XR Eliteはじめ複数のデバイスが展示されていた。それらを装着してメタバースを体験するデモが複数のテーマで行われており、どのコーナーでも多くの人が待機列に並んでいた。

まさにメタバース領域は変化が進んでいる最中であり、各社のフラッグシップモデルは20万円前後のものが主流で、カジュアルに購入できない人も多いこともあり、こういったイベントの場で体験しておきたいという背景もありそうだ。

MWC2023 HTC

メタバースはテクノロジー系のイベントでは一般化しているものの、市場としてのブレイクスルーには課題があるという。HMDの普及状況を見ると、まだ一部の人のものという実態がある。その一方で、FORTNITEや荒野行動などのメタバースゲームの裾野は大衆まで広がってきている。こんな背景もありVIVERSEを展開しているのだろう。

中でも注目は「VIVERSE for BUSINESS」だ。これはある程度決められた枠組みの中で、メタベース上にオフィスを構築するプラットフォームになっている。リアルオフィスを構える必要が無い中小企業や個人事業主などをターゲットにしているという。

MWC2023 HTC テクスチャーやデザイン、色を簡単にカスタマイズできる
テクスチャーやデザイン、色を簡単にカスタマイズできる

プリセットのコンポーネントがあり、機能もモジュラー化し、デザインや色は選択肢から選んでいくことで、自社のオフィスが簡単に構築できる仕組みだ。

MWC2023 HTC 現状のテンプレートではメインスペースがドーム型のオフィスとなっている
現状のテンプレートではメインスペースがドーム型のオフィスとなっている

ZoomやTeamsでリモートMTGをすることは珍しくない状況になったが、人と人のつながりや企業という団体への帰属感が失われている部分も否めない。

またMTGの目的以外のものが切捨てられているということもある。人によっては無駄と感じるのかもしれないが、名刺交換も無く、オフィスへの訪問も無くなると、体験がもたらす“印象”が残らなくなっていく。とはいえ昔に戻すことは受け入れられないだろう。

VIVERSE for BUSINESSでは、オフィスやビジネスコミュニティのメタバース化によって、無駄は無くしつつ、これからの時代に最適化した「より良い人と人のつながり」を創出するための場になっていくのではないだろうか。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録