内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

OKI、IoTの活用で観光都市活性化を促進する「スマート@ツーリズムシティ」ソリューションを提供開始

沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、観光客が特定の施設、店舗に集中している周遊性の課題を解決するために「スマート@ツーリズムシティ」ソリューションを提供開始する。「スマート@ツーリズムシティ」とは、IoTの活用により、観光ビジネスを核に地域の魅力を発信し、観光客の滞留時間拡大、周遊性向上により集客力を高め、地域活性化を図る都市を表すコンセプトとして、OKIが提言している。OKIは、観光都市の社会課題に応じて、パートナー各社と強調しつつ、IoTを活用したソリューションを用意していくという。

OKIは、「スマート@ツーリズムシティ」ソリューションとして、交通渋滞解消を図る「スマートパーキング・ソリューション」および観光情報配信ソリューション「ココシル」を本日4月19日より提供開始。さらに今後、顧客紹介の促進を図る「相互送客ソリューション」および観光客情報のマーケティング分析を行う「観光客の移動・購買動向分析ソリューション」を、順次各自治体他に提案していく予定としている。

  • 「スマートパーキング・ソリューション」
    ETC2.0(注1)などの技術を用いて観光施設周辺の公営駐車場と企業所有の駐車場をシェアし、インターネットで予約を行うことを可能とする。さらに、施設周辺の交通情報を一元管理し、多言語で交通サインに駐車場の満空情報を配信することも可能になるという。これにより、観光バス乗降所と近隣駐車場を連携して観光バスの路上待機を減らし、交通渋滞の削減と観光客の滞留時間の延長を実現する。
  • 「ココシル」
    周遊性向上のための観光情報配信を行うソリューションで、街の商店街や観光客が自ら能動的に働きかけるプッシュ型ソリューション。ポータルサイトとスマートフォンアプリが連動して、観光情報を提供するサービスを提供することができ、道案内やクチコミ投稿、多言語情報配信などのさまざまな機能がある。
  • 「相互送客ソリューション」
    顧客を勧誘した店舗や口コミ紹介者への報奨があるポイントサービスと、優先入場券・手荷物預かり・ガイドマッチング等の回遊を促す仕組みにより、加盟店と利用顧客が一緒に集客と相互送客をするようになる複合的なIoTサービス。
    OKI、IoTの活用で観光都市活性化を促進する「スマート@ツーリズムシティ」ソリューションを提供開始
  • 「観光客の移動・購買動向分析ソリューション」
    これらのサービスから得た観光客の行動や購買履歴などの情報を集約・統合し、分析を行うもので、次なる効果的なマーケティング施策策定に活かすことができる。

「スマート@ツーリズムシティ」の各ソリューションを用いることで、観光都市の自治体や法人企業において、観光客の行動を把握し、周遊性の向上による地元商店街の収益向上などを短期間で実現することが可能となるという。

注1:ETC2.0
今までのETC(Electronic Toll Collection System、電子料金収受システム)の高速道路利用料金収受だけではなく、渋滞回避や安全運転支援といった、ドライバーに有益な情報を提供するサービス。

【関連リンク】
沖電気(OKI)

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録