内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

+A、センコーが立体型ロボットソーター導入し、少量仕分けの自動化を実現

プラスオートメーション(+A)は12月19日、立体型ロボットソーター「t-Sort 3D」の単体を、センコーが、同社の印西第2ロジスティクスセンター(千葉県印西市)に導入したと発表した。

「t-Sort 3D」は、最小3坪で60~90間口程度の中小規模向け仕分けロボット。単体運用・連動運用が可能な立体型ソーターで、商品をスキャンして受け皿に置くと、移動してラックに設置されたカゴに商品を投入して仕分ける。

センコーでは「t-Sort 3D」の単体の導入で少量仕分けを自動化
センコーでは「t-Sort 3D」の単体の導入で少量仕分けを自動化

センコーの印西第2ロジスティクスセンターでは、スポーツメーカーのデサントジャパンのゴルフウエア・ゴルフ用品の店舗別出荷の仕分けに、AGV(無人搬送車)型の「t-Sort」を活用し、生産性を高め、省人化を実現していた。

しかし、日によって店舗ごとで数量にばらつきが多く、少量の店舗数が多い日には手作業で仕分けを行っていた。今回、センコーでは「t-Sort 3D」を導入したことで、少量の仕分けの自動化を実現。オペレーション全体の作業効率のさらなる改善につなげるという。

プラスオートメーションはサブスクリプション型の物流のRaaS(Robotics as a Service)を提供する。同社ではロボット導入後も顧客と効率化・高度化に取り組むとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録