内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

セイノーHD、千葉県勝浦市でドローン活用した物流の社会実装を開始

セイノーホールディングス(HD)は1月20日、勝浦市商店街活性化推進協議会、千葉県勝浦市、NEXT DELIVERY、エアロネクスト、KDDIスマートドローン、住友商事と、千葉県勝浦市で地域課題の解決に貢献する「新スマート物流SkyHub」のサービスを、1月18日に開始したと発表した。

サービスを開始する勝浦興津ドローンデポの様子
サービスを開始する勝浦興津ドローンデポの様子

勝浦市では、2021年から新スマート物流SkyHubの構築と社会実装に向けて推進。2022年2月のドローン配送サービスの実証実験を経てサービスを行うことにした。地域の商店と連携したオンデマンド配送、買い物代行、フードデリバリーといったサービス展開の拠点になるドローンデポを、興津商店街との連携が取りやすい上総興津駅前に設営し、サービスをスタートする。22年度は1月18日から3月20日までの約2か月間、事業を実施する予定。

勝浦市大沢地区を飛行するエアロネクストの物流専用ドローン「AirTruck」
勝浦市大沢地区を飛行するエアロネクストの物流専用ドローン「AirTruck」

配送には、エアロネクストが開発した可搬重量(ペイロード)が5kg、最大飛行距離は20kmの物流専用ドローン「AirTruck」を採用。22年9月にエアロネクストと業務提携したKDDIスマートドローンの「スマートドローンツールズ」を組み合わせたドローン配送パッケージ「AirTruck Starter Pack」として使用する。

配送された勝浦市商店街のにぎり鮨のセットと酒
配送された勝浦市商店街のにぎり鮨のセットと酒

当初は興津・上野エリアからスタートし、勝浦市全域に徐々に展開。同時に複数機運航、夜間飛行、レベル4といった高度な運航にも取り組む。運用は、「AirTruck Starter Pack」のベースになるKDDIスマートドローンの通信技術と運航管理システムと連携して進める。

勝浦市の取り組み概要図
勝浦市の取り組み概要図

勝浦市では、地域の商店と連携したオンデマンド配送・買い物代行・フードデリバリーといったサービスを展開しながら、今後、特急配送、オンライン診療・医薬品配送、高齢者配食・見守り・ライフセービング・防災といったサービスへの広がりを検討。「商店街などのにぎわい創出」「域内の物流効率化・最適化」「地域のカーボンニュートラル推進」をテーマに事業を構築する。

セイノーHDなど各社は今後、勝浦市の課題やニーズに合わせた形でサービスを進化させるとともに、近隣都市を含む、より広域なエリアでの事業構築・社会実装、同様の物流・地域課題を抱えるエリアへの事業展開を目指すとしている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録