内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

アメリカ・テキサス州に本拠地を持つFossil Group, Inc.の日本現地法人である株式会社フォッシルジャパンは、2016年秋冬、スマートウォッチ、ハイブリッドスマートウォッチとトラッカーのファッションウェアラブル製品を、ライセンスブランドを含む7ブランド(FOSSIL、Misfit、SKAGEN、DIESEL、EMPORIO ARMANI、kate spade new york、MICHAEL KORS)から、全107型のデザインバリエーションで発売する。

ファッション業界と共に仕事をしてきたFossil Groupは、開発から販売までの一連を自社で行うことで、年4回のシーズン毎に早いサイクルで新製品を提供している。

また、2015年11月にFossil Groupの傘下となったMisfitにより、ウェアラブル技術をサポートする開発面・生産性を強化してきた。ハイブリッドスマートウォッチ、トラッカーのプラットフォームには、ボタン電池を用いた独自の技術が採用され、日常的な充電やメンテナンスを必要とする従来の製品よりも、時計やアクセサリーに近い形で使用できる製品の開発が可能になった。

これら、ファッションとテクノロジーが融合したファッションウェアラブル製品を、デジタル機器デバイスとしてではなく、ファッションウェアラブルウォッチとして、主要百貨店、ファッションモールを中心に、全国約500店舗にて9月より順次、展開していくという。

日本展開アイテム

スマートウォッチ:タッチスクリーン式ディスプレイ搭載のスマートウォッチ
ハイブリッドスマートウォッチ :時計のファッション性を第一に、アナログウォッチの外観にスマートウェアラブル技術を搭載したスマートウォッチ
トラッカー:スマートウェアラブル技術を搭載したアクセサリー
フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

主な機能

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

商品価格帯 (2016年秋冬 取扱商品)

■スマートウォッチ           ¥34,500 ~¥49,000 (税抜)
■ハイブリッドスマートウォッチ    ¥24,000 ~¥55,000 (税抜)
■トラッカー                                ¥12,800 ~ ¥ 21,000  (税抜)

商品紹介

FOSSIL

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開
フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

MISFIT

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

SKAGEN

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開
 

DIESEL

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

kate spade new york

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

MICHAEL KORS

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開

フォッシルの2016年秋冬、スマートウォッチなどファッションウェアラブル製品全107型のバリエーションで展開
価格は全て税抜価格。

【関連リンク】
フォッシル・グループ(Fossil Group)
フォッシル(FOSSIL)
ミスフィット(MISFIT)
スカーゲン(SKAGEN)
ディーゼル(DIESEL)
エンポリオアルマーニ(Emporio Armani)
ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade NEW YORK)
マイケル・コース(Michael Kors)

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録