内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

キリシマドリームファーム、YE DIGITALの飼料タンク残量管理「Milfee」導入で残量確認を月42時間削減

株式会社YE DIGITALは、同社が提供する、飼料タンク残量管理ソリューション「Milfee(ミルフィー)」を導入している大規模黒豚農場キリシマドリームファーム株式会社が、1カ月の残量確認を42時間削減できたことを発表した。

「Milfee」は、農場に設置されている飼料タンクの蓋の内側に「Milfee」端末を取り付けることで、クラウド上で畜産農家、飼料メーカ、運送会社それぞれが、飼料残量を確認できるようになるサービスだ。

キリシマドリームファーム、YE DIGITALの飼料タンク残量管理「Milfee」導入で残量確認を月42時間削減
「Milfee」の概要図

キリシマドリームファームは、黒豚の肥育を担っており、肥育に必要な飼料を切らさないよう、2農場で約200タンクの残量を把握するため、週3回ベテラン従業員が巡回し、タンクに上り残量を確認していた。

そこで、2021年11月に「Milfee」の検証機を2農場の4タンクに設置し、効果を確認した後、2022年7月の本格導入から2023年6月までの間に、2農場の57タンクに「Milfee」を導入した。

その結果、月12回行っていた飼料残量確認が月1回に減り、月当たり42時間の削減を実現した。

これにより、ベテラン従業員は黒豚を育てるために時間を費やすことが可能になったほか、経験が浅い従業員でも端末画面で飼料残量の確認ができ、ベテランに代わって飼料発注計画書の作成が可能になったのだという。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録