内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

アステリア、 顔認証AIや独自開発ブロックチェーン搭載のIoT統合エッジウェア「Gravio 3」を提供開始

アステリア株式会社が2018年10月から販売しているAI搭載IoT統合エッジウェア「Gravio」は、エッジコンピューティング型のIoT統合ソフトウェアである。ノンプログラミングと使い勝手の良さを重視した画面が特長で、AIを活用した認識技術の内蔵とマルチプラットフォーム対応などで活用シーンを拡大しており、現在約400ユーザーが利用している。

また、近年の企業におけるIoTの導入意欲はさらに高まっていることから、Gravioの使い勝手や機能を拡張しながらエッジコンピューティングの需要を喚起していく施策を進めている。

そして今回、アステリアはGravioの新バージョンとして「Gravio 3(グラヴィオ3)」の提供を開始した。また、Gravioの新バージョンにおいてアステリアの独自ブランドHub(Gravio搭載ハードウェア)の開発に成功した。

Gravio 3では、パソコン等がなくても約10cm四方のデバイスを置くとGravioが稼働する。また、顔認証技術や自社開発ブロックチェーンによる改ざん不可能な稼働履歴の保存などの新機能も搭載し、エッジコンピューティングの使い勝手を高めることで、普及の拡大を図る。その他の特徴は以下の通り。

  • 対応制御機器の拡充(自社版、サードパーティ版)
  • 独自開発ブロックチェーンによるセキュリティ強化
  • Gravio Coordinatorによる管理機能の向上
  • Intel OpenVINOを利用した顔認証/物体認識AIを追加
  • エッジコンピューティングで高度な顔認証を実現

アステリアは、Gravio 3を2020年3月末にはトータル1,000ユーザーまで拡大することを目標に掲げている。なお、Gravio 3製品は0円のものから¥1,600,000/年(税抜)まで展開している。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録