内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

三菱電機、骨格情報をAI技術で分析しカメラ映像から危険な行動を自動検知する技術を開発

近年、公共エリアでの暴力行為など、危険行動を的確に発見することが求められている。一方で、広範囲を短時間で漏れなく確認することは難しく、発見までに時間を要したり、発見できなかったりする場合があった。

そのため、カメラ映像を取得し、AI技術を活用して人の属性やふるまいを分析する事例が増えているが、従来の技術では、複数人いても1人の姿勢のみを分析していたため、例えば、暴力行為と握手のように姿勢が似ている行動を誤検知することがあった。

そこで、三菱電機株式会社は、同社のAI技術ブランド「Maisart(マイサート)」を用いた作業分析ソリューション「骨紋(こつもん)」を応用し、「骨紋による危険行動検知技術」を開発した。

今回開発された技術は、まずカメラ映像で検出した骨格情報から複数の人物の動きに相関があるかを判定。さらに、相関がある人物の動きをAIで分析することにより、誤検知を抑制した危険行動検知をすることができる。

三菱電機、骨格情報をAI技術で分析しカメラ映像から危険な行動を自動検知する技術を開発
従来技術と今回開発された技術の比較

これにより、カメラ映像から検出した複数の人物の骨格情報を分析して、複数の人物の間で発生する暴力行為などの危険な行動を高精度に自動検知する。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録