内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

Hakky、ChatGPTを活用したプロダクト組み込み支援サービスを提供開始

企業:

従来のAIプロダクト開発では、例えばAIを用いたチャットボットを開発する場合、回答ロジック(Aという質問にはBと回答する)やユーザの入力に対する応答法則など(「ありがとうございます」で始まり、ですます調で3行以内に返すなど)の部分で、AIの構築やシステムの開発をする必要がある。

チャットボットに限らず、こうしたテキストを用いたAI開発を行うにあたっては、専門知識を持つデータサイエンティストやエンジニアの協力が不可欠だ。

そうした中、株式会社Hakkyは、ChatGPTの社内活用実績をもとに、企業向けのプロダクト組み込み支援を開始した。

今回提供を開始する、ChatGPTなどの大規模言語モデルを活用したAIプロダクトの開発支援サービスでは、新規事業立ち上げや、既存のプロダクトへChatGPTを組み込みたい企業に、AIプロダクト開発の要件定義から運用までを支援する。

具体的には、「ChatGPTを活用したAIの事業開発」「プロダクトのグロースのコンサルティング」「自社内でChatGPTを活用したプロダクト開発やサポート体制の構築支援」「中長期での独自ロジックの開発の可能性も見据えたChatGPTでのAIの開発」「テキストに関するタスクをChatGPTで解くための設計と開発」「課題に合わせたプロンプトエンジニアリングの提供」「自社サーバー上での大規模言語モデルの開発支援」などが提供される。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録