内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

IDC、2022年~2027年の国内AIシステム市場は年間平均成長率23.2%で推移と予測

企業:

IDC Japan株式会社は、国内AIシステム市場予測を発表した。

2022年の国内AIシステム市場は、市場規模(エンドユーザー支出額ベース)が3,883億6,700万円、前年比成長率は35.5%となった。フォロワー層が本格的にDXに着手し、デファクト技術の一つであるAIの利用を活発化させている。同時に、継続的にデジタル変革に取り組んでいるリーダー層は、AIを活用したデジタルビジネスのソリューション化に注力している。

このような市場の動向から、2010年代後半から続く一般的に第3次AIブームと認知されているトレンドにおいて、同市場は2022年には成熟期に差しかかっていたとIDCでは推測している。

これらの背景により2022年のAIシステム市場は、同市場の53.5%を占めるソフトウェア市場が前年比で29.4%増加し、同市場を継続的に成長させる主要因となった。同時に、AIシステム市場の28.7%を占めるサービス市場は前年比で44.1%増加し、また、同市場の17.8%を占めるハードウェア市場は前年比で41.9%増加し全体の市場の成長を支えている。

2023年の国内AIシステム市場における市場規模は、前年比27.0%増の4,930億7,100万円と予測している。

リーダー層、フォロワー層によるAIへのアクセシビリティが急速に高まり、品質管理などの代表的なAIのユースケースに加えて、高度なプロセスオートメーションやコンテンツ作成など、企業のホワイトカラーの生産性向上を目的とするユースケースに拡大されることが見込まれる。

特に、ChatGPTなどの大規模言語モデル(LLM:Large Language Model)を活用する会話型AIやGenerative AI(生成系AI)製品の市場投入は、国内の企業に新たなAIの実証実験の実施、従業員の役割や組織の見直し、利用ガイドラインの策定、ビジネスモデルの再考などのデジタルビジネスを活性化させるきっかけとなる。

また、AIへのアクセスのしやすさは、異業種からのAIシステム市場への参入障壁を下げており、このような動きは、成熟期に差しかかっていたAIシステム市場にディスラプション(市場の変革)をもたらす可能性があるとIDCではみている。2023年は、前年比27.0%増と前年に比べると成長スピードは鈍化しつつも同市場は成長を続け、2022年~2027年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は23.2%で推移し、2027年には1兆1,034億7,700万円になるとIDCでは予測している。

IDC Japan Software & Services リサーチマネージャーの飯坂暢子氏は「AIシステム市場が成熟期に差しかかっていたタイミングで最新AI技術が投入されたことを契機に、再び市場は大きく変化している。ITベンダーは技術戦略について早急にアセスメントを実施し、自社の競争の源泉を見極める必要がある」と述べている。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録