内田洋行 FOODs IT Fair 2024 - 食品業界のデータとAI活用の最前線

i-PROとアステリア、ノード統合プラットフォーム「Gravio」とAIカメラを連携

i-PRO株式会社とアステリア株式会社は、アステリアが提供するノード(※)統合プラットフォーム「Gravio」に、i-PROのAIネットワークカメラとの連携機能が実装されたことを発表した。

Gravioは、様々な現場に設置されたデバイスやセンサーなどで捉えられた情報や、ファイルやデータベースなど、各ノードにおける多様なデータをクラウド上に集約し、情報の一元管理や活用を可能とするノード・コンピューティング基盤である。プログラミングが不要(ノーコード)で直感的なグラフィカル操作で各種設定が簡単に行えるので、様々なデバイスやセンサーを組み合わせて企業の課題を解決する現場DXの実現に貢献する。

今回の連携により、SaaSベンダーへの個別開発依頼のコストをかけることなく、カメラのAIプロセッサーが内部で処理した検知情報を、Gravioで集約した多様なデータと統合して管理することが可能となる。映像を活用することで、AIカメラによる飲食店や病院における混雑状況の検知とサイネージ表示への連携が可能となるほか、AIカメラによる来店車両のナンバー検知と顧客管理システムとの連携による顧客対応品質の向上や、AIカメラによる来店人数のデータと各店舗のPOSシステムデータを組み合わせた相関関係の可視化を実現する。

i-PROとアステリア、ノード統合プラットフォーム「Gravio」とAIカメラを連携
i-PRO AIカメラの設置イメージ
※ ノード:節、交点、中心点などの意味。ITにおいては網状構造の個々の要素を指し、通信の主体となる個々の機器。

無料メルマガ会員に登録しませんか?

膨大な記事を効率よくチェック!

IoTNEWSは、毎日10-20本の新着ニュースを公開しております。 また、デジタル社会に必要な視点を養う、DIGITIDEという特集コンテンツも毎日投稿しております。

そこで、週一回配信される、無料のメールマガジン会員になっていただくと、記事一覧やオリジナルコンテンツの情報が取得可能となります。

  • DXに関する最新ニュース
  • 曜日代わりのデジタル社会の潮流を知る『DIGITIDE』
  • 実践を重要視する方に聞く、インタビュー記事
  • 業務改革に必要なDX手法などDXノウハウ

など、多岐にわたるテーマが配信されております。

また、無料メルマガ会員になると、会員限定のコンテンツも読むことができます。

無料メールから、気になるテーマの記事だけをピックアップして読んでいただけます。 ぜひ、無料のメールマガジンを購読して、貴社の取り組みに役立ててください。

無料メルマガ会員登録