KDDIとSupership、VR観戦プラットフォーム「XRstadium (エックスアールスタジアム)」を提供開始

KDDI株式会社とSupership株式会社は、本日より、スタジアム観戦VRプラットフォーム「XRstadium (エックスアールスタジアム)」の提供を開始した。

あわせて、提供コンテンツ第一弾として、日本プロ野球パシフィック・リーグ2018年シーズンにおける本年7月27日以降の30試合以上を「パーソル パ・リーグTV VR」(パシフィックリーグマーケティング株式会社による提供) として3次元でのリアルタイムライブ中継および、ビデオ配信を行う。

同サービスは、スポーツや音楽などをスタジアムで観戦する体験を、仮想現実技術を用いて、自宅などのスタジアム外からVR空間で楽しむことを目的とした、スタジアム観戦VRプラットフォームだ。

VRにおける空間伝送のための通信技術、撮影技術、UIUXでのリアリティ感の再現などの技術は、Supershipがになう。

提供コンテンツ第一弾の「パーソル パ・リーグTV VR」では、VR空間の観戦用に撮り下ろした複数のカメラアングルを提供し、「XRstadium」のユーザー自身のタイミングで自由に切り替えて観戦できる。

また、試合の速報や選手情報、シーズンの成績などの情報を閲覧することが可能。VR空間内においてもスタジアムでの観戦と同様に、離れた場所にいる家族や友人と音声で会話を楽しみながらスポーツのライブ観戦ができる。

さらに、同コンテンツは、インターピア株式会社と株式会社ejeが運営する常設型VRコンテンツ視聴体験サービス「VR THEATER」にも配信を予定しており、両社がサービスを提供する、株式会社ヴァリック運営の複合カフェ「快活CLUB」全356店舗 (2018年7月25日時点) における『「VR THEATER」見放題プラン』にて新しいスポーツ観戦を提供する。

Previous

ダイキンとNEC、執務空間の知的生産性向上に効果的な温度刺激の与え方を実証

オプティム、IoTとドローンで「スマート林業」への取り組みを開始

Next