長野県伊那市でドローン物流プロジェクトがスタート、KDDIとゼンリンが参画

長野県伊那市は、平成28年度以降国土交通省が伊那市で実施してきた中山間地域での実験を深化させ、国内の行政として初めてドローンによる物流の事業化を目指し、伊那市ドローン物流プロジェクトを開始。事業化に向け、KDDI株式会社と株式会社ゼンリンは伊那市からの委託を受け、同プロジェクトに参画する。

近年、人口減少や少子高齢化の進行に伴い、地域における喫緊な課題として、物流や交通機能が脆弱化している地域が発生しており、高齢者を中心に食料品をはじめとする日用品の買物に苦労する住民が増えている。

こうした状況を受け、同プロジェクトにおいて、地域住民や地元企業と連携して、ドローンを用いた新たな物流システムを構築することにより、中山間地域における買い物弱者支援と地域経済の振興を図る。

同プロジェクトは、「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」、「INAドローンアクア・スカイウェイ事業」という2つの事業で構成されている。

「空飛ぶデリバリーサービス構築事業」では、中山間地域におけるドローンを活用した荷物配送サービスの実用化に向け、各地で目視外飛行実験を積み重ねてきたKDDIの「スマートドローンプラットフォーム」により、地元スーパーや道の駅等と連携した具体的なビジネスモデルの構築を目指す。

また、今回の事業実施にあたっては、伊那ケーブルテレビジョン株式会社の参画により、ケーブルテレビを介した商品の受発注の仕組づくりを進める。

「INAドローン アクア・スカイウェイ事業」では、地図情報分野における多大な知見を有するゼンリンの「空の三次元地図」をベースに、伊那市の南北に流れる天竜川や、東西に流れる三峰川の上空域をドローンの長距離幹線航路として、中心市街地と中山間地域等を結ぶサプライチェーンの形成を目指す。

ゼンリンは、これまでのドローン管制等の技術やノウハウを活かし、「商品の小口化、大量化、輸送の多頻度化への対応」を進める。

また、2つの事業を通じて構築するシステムは、伊那市内の製造業者等と共創により開発を進めることで、地域経済の振興や産業の活性化にもつなげる。

【関連リンク】
長野県伊那市

Previous

ZMPの物流支援ロボット「CarriRo」、工場での運搬業務効率化へ導入

PTCジャパン・NSW、「LINE WORKS」を利用した製造業向けIoTサービスの提供で協業

Next