バスケ、野球、筋トレ、スノボをセンシングする CES2016レポート

CES2016では、スポーツ関連のモノも展示されていた。ウェアラブルはこのようにどんどん用途別に派生していく方向にあると言える。

バスケットボールをセンシング ”ShotTracker”

SnotTracker
バスケットボールプレーヤーにとってどの角度からのシュートが強いか、また弱いかを分析することは重要だ。そこで、この「ShotTracker」は、リストバンドにつけられたセンサーで自分の場所を認識し、ネットにつけられたセンサーでシュートが入ったかどうかを認識するのだ。

スマートフォンのアプリで、「これまでのシュートの状況」「ワークアウトメニュー」「ショットマップ(どこからシュートを打ってどれが入ったか)」「ソーシャル機能」「友達のフォロー機能」などがある。

関連リンク:ShotTracker

野球をセンシング EASTON “POWER SENSOR”

EASTON HITLAB

バットのスイングをセンシングすると、「スイングスピード」「振り始めからボールに当たるまでの時間」「パワー」などがわかるのだ。さらにスマートフォンの動画機能でスイングを撮影することで、どういうスイングの時にどういうレート出会ったかも後で確認できるということだ。

バットの先に写真のようなセンサーをつけるだけで利用ができるのだ。
パワーセンサー

これを使うとフォームの改善ができるのだという。

関連リンク:EASTON POWER SENSOR

筋トレをセンシング “GYMWATCH”

GYMWATCH

GYMWATCH

筋トレは、正しいフォーム、正しいスピードでないと筋肉を傷めるという話を聞いたことがあるのではないか。GYMWATCHは、トラッキングセンサーを腕などにつけてアプリの指示に従ってトレーニングすることでより効果的なトレーニングをするというものだ。

https://youtu.be/eshO1FxjYA4

関連リンク:GYMWATCH

スノーボードをセンシング CEREVO “SNOW-1”

CEREVO SNOW-1
最後に日本発、CEREVOの”SNOW-1″だ。SNOW-1は、バインディング(靴の部分)につけられたセンサーが体重移動の状況と、板のひねりをセンシングする。

CEREVO SNOW-1
さらにその情報をリアルタイムに可視化することができるのだ。実際の国際大会で展示したところとある国のナショナルチームからこれが使えないかと打診されたこともあるそうだ。

CEREVO SNOW-1

関連リンク:SNOW-1

スポーツの様々なシーンでセンシング技術をつかって、これまで可視化できなかったことをどんどん可視化できるようになってきている。

Previous

Fitbit, Misfitに見るウェアラブルバンドの方向性 CES2016レポート

プロジェクター搭載ホームロボット cerevo “Tipron” CES2016レポート

Next