トヨタ、ドコモと5Gを活用したヒューマノイドロボット「T-HR3」の遠隔制御

トヨタ自動車株式会社と株式会社NTTドコモは、第5世代移動通信方式(※1)(以下、5G)を用いたロボット制御のトライアルを開始し、遠隔地間(約10キロメートル)を想定した実験環境において、その一部区間に5Gを活用し、トヨタが開発したヒューマノイドロボット「T-HR3」を制御することに成功したとのこと。

T-HR3は、家庭や医療機関など様々な場面で、人々の生活を安全にサポートするパートナーロボットをめざして開発された。トルク(力)を制御するトルクサーボモジュールと、全身を自在に操るマスター操縦システムなどにより、操縦者はT-HR3にかかる外からの力を感じながら、T-HR3に操縦者と同じ動きをさせることができる(※2)。

T-HR3のやさしく、しなやかな動きを実現するためには、T-HR3とマスター操縦システム間で制御信号をやり取りする際に発生する通信遅延をなるべく少なくすることが求められる。

そのため、これまでは比較的通信遅延の少ない有線接続での実験を進めてきた。

より実用性の高い環境での使用に向け、ドコモがこれまでに培ってきた5Gの知見を活かしながら、5Gの特徴の1つである低遅延性を活用し、5Gを用いた無線接続を一部含む遠隔地間を模擬した環境において、T-HR3の制御に成功したとのこと。

【関連リンク】
トヨタ(TOYOTA)
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

PTC、フラスタムを買収し人工知能とジェネレーティブ・デザイン機能を追加しCADポートフォリオを強化・拡張

KDDIと沖縄セルラー、家での緊急トラブルに24時間365日対応する「トラブルサポート」をau HOMEに追加

Next