オムロン、盤内温度の常時遠隔監視や非接触温度センサーなどで設備異常を予測する温度状態監視機器 「K6PM-TH」を発売

制御盤、受電盤、配電盤、動力盤などの盤は、製造現場だけでなくビルや倉庫など多くの場所で、自動化のための基盤装置として使用されている。盤の故障には様々な要因があるが、最終的には盤内機器の温度が上昇して異常停止につながることから、温度監視が設備保全のためには重要となる。

従来はノウハウを持った熟練の保全員がサーモグラフィーなどの温度監視用機器を用いて、盤内の温度データを収集し解析することで設備異常の傾向を把握していた。近年、設備や装置の高機能化により盤内の機器点数や配線が増加して点検個所が増える一方、保全員の人手不足により点検頻度が低下することで、事故発生のリスクが上昇している。

オムロン株式会社は、製造現場の異常状態を人に代わって監視する「状態監視機器」の新シリーズとして、温度状態監視機器「K6PM-TH」を6月3日から順次発売する。
オムロン、盤内温度の常時遠隔監視や非接触温度センサーなどで設備異常を予測する温度状態監視機器 「K6PM-TH」を発売
「K6PM-TH」は、制御盤や配電盤などの盤内にある機器の温度をIoTにより常時遠隔監視し、温度上昇傾向を分析し到達温度を予測する「到達予測アルゴリズム」や、外気温度の影響を受ける場所でも周囲温度の変化をキャンセルし対象機器の温度上昇のみを捉える「差温検出アルゴリズム」で、早期に異常傾向を把握できる。

また、広視野角(90°×90°)でコンパクトな非接触温度センサーで狭い盤内でも少ないセンサー数で全面の温度状態を測定できる。合わせて常時遠隔監視という利点を活かすことで、人が点検のために巡回する必要がなく、異常発生時のみの現場対応となるので、監視の効率化・省人化・点検工数削減を図ることができる。

さらに、温度データや熱画像を表示するツールを用いることで、誰でも簡単に測定結果の分析・判断を行うことができる。各盤内機器に対しても、最適なしきい値を自動で設定できるので、熟練者に依存しない保全が可能になる。

Previous

総務省、SDGsの達成・Society 5.0の実現に向けて「ICTグローバル戦略」を公表

国土交通省、スマートシティモデル事業を選出

Next