イーグロースとツカザキ病院眼科、AIを活用した網膜剥離の疑似画像生成技術を開発

近年、AIによる診断支援研究が活発に行われているが、データ収集の難しい症例に対しては、学習用パターンの不足によって判定精度の向上が困難とされている。

イーグロース株式会社は、社会医療法人三栄会ツカザキ病院眼科(以下、ツカザキ病院眼科)と提携し、深層学習技術の1つである敵対的生成ネットワーク(GAN:Genarative Adversarial Network)と呼ばれる技術を応用したAIを用いて、広角眼底画像から網膜剥離の実症例と同等な表現力を持つ疑似症例画像の生成技術を開発した。また、同技術を利用して、元画像の特徴を維持しながら、網膜剥離の特徴を付加した症例画像の生成に成功した。

イーグロースとツカザキ病院眼科、AIを活用した網膜剥離の疑似画像生成技術を開発
AIによる擬似症例画像生成
同技術は元画像特徴を維持したまま、目的とする特徴を付加するようAIを訓練することで、元の広角眼底画像の視神経乳頭や血管などの特徴を維持したまま、擬似的な症例画像を生成することができる。また、ユーザの入力した領域を中心に病変の特徴を付加できるため、他の病変画像に対し、元画像内の病変部特徴を影響しない合併症例の画像を生成できる。
イーグロースとツカザキ病院眼科、AIを活用した網膜剥離の疑似画像生成技術を開発
局所コントロールによる緑内障と網膜剥離の合併症例生成
今後は眼科領域における様々な診断用AIの精度向上の研究へ応用開始予定である。また、他科や他業種企業とも連携し、同技術を応用したAIの開発を行う。

Previous

横浜市・東急電鉄・NTT、住民主体のまちづくりをIoTで推進する取り組み「データ循環型のリビングラボ」共同実証実験を開始

鈴与商事とハローライト、点灯がわかるIoT電球を活用した見守りサービスに関するフィールドテストを実施

Next