NEC、建設キャリアアップシステムと連携した「建設現場顔認証入退管理サービス」を提供開始

昨今、建設業界では、高齢化などを理由に2015年に320万人いた技能労働者が2025年には210万人まで減少すると推定されており、労働力不足が大きな課題となっている。こうした中、建設業界の環境整備を目的として、官民一体となり技能者の資格や社会保険加入状況、現場の就業履歴等を業界横断的に登録・蓄積する建設キャリアアップシステムの運用が開始され、技能や経験が適正に評価される環境に向けた改善が進められている。

日本電気株式会社は、建設キャリアアップシステムとのデータ連携が可能な「建設現場顔認証入退管理サービス」の提供を開始した。同サービスは、スマートデバイスを活用し、作業員の現場入退時に顔認証を行うと同時にGPS位置情報を取得することで、誰が、いつ、どこで入退場を行ったかを正確に把握するとともに、現場監督者が行う各種報告書作成を支援するものである。

これにより、従来、現場監督者が人手で行っていた人数確認や報告書作成などの出面管理業務の負荷軽減を実現するとともに、外国人労働者を含めた作業員の資格情報が確認できる。ほか、同サービスの主な特長は以下の通り。

  • 出面管理業務の負荷を軽減
  • 出面管理業務において、管理画面から現在現場に入場している作業員の一覧を確認できるとともに、作業員の資格を含む属性情報の確認もできる。また、入退場データは個人別や会社別で集計されCSV出力できるため、そのデータを用いて自社の報告書への転記や協力会社から提出される報告書類のチェック作業に活用可能である。

  • 入退登録するための新たな設備が不要
  • 同サービスはクラウドサービスのため、タブレットやスマートフォンにアプリケーションをインストールし設定するだけで利用できる。このため、カードリーダー等入退登録するための新たな端末を準備することなく、現場開設と同時に入退管理を始めることができる。

  • 建設キャリアアップシステムとのデータ連携を実現
  • 作業員の所属会社や、資格情報などを建設キャリアアップシステムと連携し取得することで、現場での作業員情報を簡単に登録できる。また、現場で記録した入退場データを就業履歴として建設キャリアアップシステムに登録可能である。

なお、同サービスの提供価格は30円/日(1現場で作業員1人が入退場した場合)で、今後3年間で1万現場での販売を目指す。

Previous

ドローンを活用した物流・運輸から空飛ぶクルマまで~TDBC Forum2019レポート(前編)

松電舎、AIを活用した外観検査ソフトウェア「AI-Detector」を販売

Next