ローム、8種類の情報を簡単に測定できるセンサシールド「SensorShield-EVK-001」を開発

ローム株式会社は、ArduinoやLazurite、mbedなどのオープンプラットフォーム(汎用マイコンボード)で加速度、気圧、地磁気など8種類の情報を簡単に測定できるセンサシールド(拡張ボード)「SensorShield-EVK-001」を開発、インターネットでの販売を開始した。

ロームは、これまで加速度や気圧、地磁気などを測定可能なセンサデバイスを開発してきたが、利用者からはすぐに評価できるツールが欲しいという要望があったという。

今回開発した「SensorShield-EVK-001」は、既に量産を開始しているロームグループのセンサ8製品をそれぞれ基板実装したものとオープンプラットフォーム接続用ボードをキット化したもの。

電子工作分野において全世界で広く活用されているArduino Unoなどに接続し、ソフトウェアを組み込むことで、簡単に加速度を始めとした情報を測定することができる。

センサデバイスの簡単評価、簡単導入によりIoT機器の開発工数を大幅に削減し、市場の拡大へ貢献が期待される。

なお、SensorShield-EVK-001は、2016年2月からチップワンストップ、コアスタッフの2社にて、インターネット販売を開始しし、必要な各種ドキュメント、ソフトウェアはホームページからダウンロードすることがでる。

 

背景

近年、インフラや農業、自動車などIoT分野の拡大に伴い、IoTを実現するためのサービスやアプリケーション、デバイスが数多く登場するようになってきており、さまざまな企業がその市場に向けたビジネスを進めてる。
一方、システムでIoTを考えた場合、開発にはソフトウェアとハードウェアなど、幅広い専門知識と多大な開発工数が必要になり、また、各デバイスにおいては、実装環境・開発環境が異なるため、簡単に評価することが困難であった。

ロームグループはこれらの課題を解決し、メーカーズの開発やIoT機器のプロトタイプ開発に貢献できるよう、簡単に評価できる電子工作分野に注目、「Lazuriteシリーズ」などオープンプラットフォーム用ツールを開発・販売した。

 

【関連リンク】
ローム株式会社
センサシールド特設サイト
チップワンストップ
コアスタッフ

Previous

経済産業省、平成27年度「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(ライフデータ解析を用いた健康増進モデル事業)」に係る公募

トヨタ、PFN、NTT  3社の技術やコンセプトを持ち寄り「ぶつからないクルマ」の実働デモを具現化

Next