THK・NSW・日本マイクロソフト、製造業向けコミュニケーションプラットフォームにおける連携を発表

マイクロソフトの製造業向けDXの戦略

会見内ではTHK・日本システムウエア・マイクロソフトの提携発表の他に、マイクロソフトの製造業向けデジタルトランスフォーメーションに関する最新の戦略について、マイクロソフト・エンタープライズ事業本部・製造営業統括本部・インダストリ-マ-ケティングマネ-ジャ-の鈴木靖隆氏から説明があった。

THK・日本システムウエア・日本マイクロソフト、製造業向けコミュニケーションプラットフォームにおける連携を発表
マイクロソフト 鈴木靖隆氏

マイクロソフト・鈴木氏の説明によれば、マイクロソフトの戦略の要点は2つだ。

1つは「Product-as-a-Service」の具体的な中身。マイクロソフトは昨年度、造業に向けたソリューションを提供していく方針の1つに「Puroduct as a service」(ものづくりからことづくり)を打ち立てていた。

今年度はこの「Puroduct as a service」の中身を5つの項目に具体化し、製造業向けソリューションの開発・提供を進めていくと鈴木氏は語る。

その5つとは製品のイノベーション、コネクテッドフィールドサービス(フィールドエンジニアのスキルと働き方の支援など)、コネクテッド販売・サービス(販売サービススタッフのスキル向上と働き方の支援など)、未来の工場(人・設備・プロセスをデジタルでつなげ、オペレーションを最適化するなど)、インテリジェントサプライチェーンであるという。

THK・日本システムウエア・日本マイクロソフト、製造業向けコミュニケーションプラットフォームにおける連携を発表

要点の2つ目は製造業向けのリファレンス・アーキテクチャである。これはマイクロソフトのサービス群でソリューションを構築する際の、業務別リファレンスを提供するというもの。

具体的には顧客の新規事業開発、デジタルトランスフォーメーションを促進するシステム構成に必要な機能要件をまとめた「ファンクション・マップ」、機能要件のシステムのアーキテクチャーへの落とし込みや、データ構造の標準化実装・運用方法に関する「アーキテクチャ・マップ」、Azureなどマイクロソフト製品スタックでのサンプルを実装する「パイロット・インプリメント」の3点を提供するという。

マイクロソフト・鈴木氏は「今までのリファレンス・アーキテクチャはテクノロジーによった説明が多く、特定の業務にどう適用できるかが分かりづらかった。今回提供する3点で特定業務に寄り添ったリファレンスを行えるようにする」と語った。

Previous

多品種少量・短納期生産に活かせるサプライチェーン・マネジメント ーオラクル主催サプライチェーン変革セミナー②

闇雲なネット接続はなくなり、エッジリッチな進化を遂げる家電製品 ーIFA2019レポート1

Next