ヤマハ発動機、豊島でグリーンスローモビリティレンタカーに関する実証実験を開始

香川県土庄町にある豊島は、豊島美術館はじめ島内に点在する芸術施設・作品や島の高台から一望する瀬戸内海の景色などの観光スポットがある人口約800人の島である。近年はインバウンド需要の急増もあって、年間の観光客数は約20万人に上り、3年に1度の瀬戸内芸術祭の年の観光客数は約30万人となっている。

これに対して、島内を巡るルートや景色が望める「壇山」の頂上の展望台への道は坂道が多く、観光客が容易に観光スポットを巡回する移動手段が不足していることが課題となっている。

そこで、ヤマハ発動機株式会社は、9月28日から「瀬戸内国際芸術祭2019ひろがる秋」が開催される豊島において、現地のレンタカー事業会社である株式会社カレンスタイルと三井物産株式会社と共同で、グリーンスローモビリティ(以下、GSM)(※)によるレンタカー事業の実証実験を開始する。この実証実験は、GSMを用いたレンタカー事業の豊島における受容性の把握を目的としている。

同実証実験は、AR-04 公道走行対応仕様(ゴルフカーをベースとした電動小型低速車両、定員4名)を3台使用して行われる。ヤマハ発動機は主に車両提供、車両整備・修理体制の確立などを担当し、カレンスタイルはレンタカーの日常運行業務、三井物産はレンタカー事業の運用面でのサポートを行う。

※ 時速20km/h未満で公道を走行する4人乗り以上の電動モビリティ。国土交通省や環境省が、観光客の利便性の高い周遊手段や高齢者の移動のための交通手段の確保を目的として、環境にやさしいグリーンスローモビリティの普及を推進しており、地域の交通課題に応じた実証事業に対して支援をしている。

Previous

富士通研究所のAI技術「Wide Learning」、アクションプランを提案する新技術を追加

DeNA、AIで一人ひとりの声からオリジナルグラフィックが作れる「fontgraphy」を一般に公開

Next