製造業のDX対応をデータ中心に設計していく ―オラクル主催サプライチェーン変革セミナー③

データを中心としたデジタル戦略

製造業のDX対応をデータ中心に設計していく ―オラクル主催サプライチェーン変革セミナー③

最後に、データを中心としたオラクル社のアプリケーション戦略について説明があった。

オラクル社はデータベースに関しては世界シェア50%以上と、「データ」の扱いに優位性を持っている企業だという。

アプリケーション・ビジネスにおいては、ERP、サプライチェーン、経営管理、人財管理、顧客リレーション管理と、幅広いラインナップであるとした。

その中で『Oracle ERP Cloud』という製品は、ERP/SCM領域をカバーするERPであり、最大の特徴は単一のデータベースに実装されたERPだという。

受注見込みから在庫、製造、購買などが全て統合された単一のマスタ・データ、そして業務プロセスを遂行する機能とオペレーション・データ・モデルが用意されている。そして幅広い業務を最適化させるための個別プランニング機能と統合計画(IBP)も用意されている。

さらにSaaS型クラウドなので、四半期ごとのアップデートにより常に最新のテクノロジーがすぐに使える状態になっている。最近ではAIやブロックチェーンに対応した機能がリリースされているという。

Previous

TIS、複雑な会計処理を既存システムの改修なしに実現する「ACTIONARISE取引データ管理サービス」を提供開始

第1回 夜のワークショップ ーSession2:生活者から未来を見出すための「兆し」探索

Next