Agoop、人の流れを地図やグラフなどで可視化するサービス「Kompreno」の無料公開版を提供開始

ソフトバンク株式会社の子会社で、位置情報を活用したビッグデータ事業を行う株式会社Agoopは、最短10分前の人の流れを地図やグラフなどで可視化するサービス「Kompreno(コンプレノ)」の無料公開版の提供を開始した。

Komprenoは、スマートフォンのアプリケーションから取得した位置情報データをAgoop独自の技術で解析し、人の流れを見える化した「流動人口データ」を、地図やグラフなどのビジュアルを用いて表示する「ダッシュボード」の形で提供するサービスだ。世界の200以上の国と地域における、最短10分前から2週間前までの流動人口データを、ウェブブラウザーでいつでも確認・分析することができる。

今回の無料公開版では、人の密集度をズームレベルに応じて、50m・100m・250m・500m・1km・5km・10km・40km・80km四方をメッシュごとに色を変えて表示できるほか、表示エリアの10分ごとの人の量をグラフで表示し、どれくらいの速度で、どの方向へ移動しているかを表示することもできる。

Agoop、人の流れを地図やグラフなどで可視化するサービス「Kompreno」の無料公開版を提供開始
人の密集度をメッシュで可視化
Agoop、人の流れを地図やグラフなどで可視化するサービス「Kompreno」の無料公開版を提供開始
グラフによる可視化
Agoop、人の流れを地図やグラフなどで可視化するサービス「Kompreno」の無料公開版を提供開始
移動速度や方向を可視化

なお、Komprenoの無料公開版を体験した後、よりKomprenoを活用したい人のために、登録するとと全ての機能を利用できる2週間無料トライアル版が用意されている。2週間無料トライアル版では、人流データをメッシュで表示するのではなく、ポイントでの表示となる。また、ヒートマップや移動速度・方向の機能に加えて、From-Toや滞在時間など全ての機能を利用することができる。

Previous

akippaとSOMPOホールディングスが駐車場シェアリングで提携、オーナー・ユーザー双方の不安解決で遊休資産の利活用へ

ニュアンスから独立したCerence Inc.、AIなどを活用した自動車向けソフトウェアを提供する新会社として稼働

Next