ソフトバンク、AI人材育成を目的とした給付型奨学金プログラム「ソフトバンク AI 人材育成スカラーシップ」を設立

ソフトバンク株式会社は、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AIに関する学修・研究に取り組む修士課程1年次の学生を対象とした、最大で総額1億円の2020年度給付型奨学金プログラム「ソフトバンク AI 人材育成スカラーシップ」(奨学金名称:「JEES・ソフトバンク AI 人材育成奨学金」)を設立した。

これに伴い、公益財団法人日本国際教育支援協会(以下、JEES)が、指定の大学に2020年4月時点で修士課程1年次として在籍する学生を対象に、2019年10月15日から2020年1月9日まで応募を受け付ける。なお、ソフトバンク AI 人材育成スカラーシップは、2019年度に続き、2 回目の実施となる。

ソフトバンク AI 人材育成スカラーシップでは、ソフトバンクがJEESの「冠奨学金事業」に寄付した寄付金が、2020年4月~2021年3月まで最大100人の学生に100万円ずつ奨学金として給付される(※)。AIがさまざまな産業で幅広く活用され、各産業のビジネスモデルや競争環境が大きく変わっていく時代において、産業の発展を担う「AI人材」の育成に貢献することを目的としたものである。

※ JEESは日本人の学生および外国人留学生などの修学援助を目的とする公益財団法人である。JEESの事業の一つである「冠奨学金事業」は、企業または個人などからの寄付金を原資に、寄付者の名を冠した奨学金を設立して実施する事業である。

Previous

日立、AIで医薬品・医療機器の費用対効果評価の解析を支援する「Hitachi Digital Solutions for Pharma/医療経済評価ソリューション」提供開始

菱洋エレクトロ、省電力でソーラーパネル充電が可能な電子ペーパーディスプレイ製品を販売開始

Next