パナソニックとコーセー、センサーで肌状態を分析する「Snow Beauty Mirror」を活用したパーソナライズ提案の実証実験を開始

現在、生活者の価値観やライフスタイルは多様化し、化粧品に求めるニーズ自体が百人百様の時代となっている。一方で、インターネットやSNSの普及などにより情報があふれ、本当に自分にあった化粧品を選ぶことがかえって難しい場合もある。そのような悩みの解決策のひとつに、デジタル技術とデータを活用した一人一人に最適な商品とサービスを紹介するパーソナライズ提案が挙げられる。

そして今般、パナソニック株式会社と株式会社コーセーが連携して、12月17日にオープンする「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)(※)」に、パナソニックが開発した「Snow Beauty Mirror(スノービューティーミラー)」を導入し、共同で実証実験を実施する。同取り組みを通して、ユーザーの多様なニーズに応える新しいパーソナライズ提案に貢献する。

スノービューティーミラーの機能および実証実験の内容は以下の通り。

  1. 肌分析機能
  2. 鏡の前に座ると顧客の肌状態を分析し、数値化し表示する。鏡の中に埋め込まれた非接触センサーが、肌表面と表面下の状態を検出する。肌表面のシミ・シワ・ほうれい線・毛穴・肌色だけでなく、目では見えない隠れたシミも検出する。

    デジタルカウンセリングとその分析結果をもとに、コーセーの展開するブランドを横断した商品やサービスから、一人ひとりに合ったお勧めをリコメンドする。この機能には、デジタルカメラなどで利用される顔認識技術や、画像処理技術などを応用している。パナソニックとコーセー、センサーで肌状態を分析する「Snow Beauty Mirror」を活用したパーソナライズ提案の実証実験を開始

  3. 理想顔システム
  4. コーセーと明治大学との共同研究で開発した遺伝的アルゴリズムにパナソニックの画像処理技術を掛け合わせて、顔の画像から顧客の心の中にあるなりたい「理想顔」を見える化するシステムを開発した。スノービューティーミラーによる肌分析機能により、毛穴・シミ・シワといった肌質、肌の色味や明るさを抽出し、そのデータをパラメータ調整することで、約50万通りの顔画像パターンを作成する。

    ランダムに表示した顔画像の中から、顧客の好みのものを選択すると、理想顔を短時間に導き出すことができるという。また、顧客の理想顔と現在の状態の差異を見える化するとともに、理想顔に近づけるための適切なファンデーションの色味や質感、使用方法の提案につなげる。パナソニックとコーセー、センサーで肌状態を分析する「Snow Beauty Mirror」を活用したパーソナライズ提案の実証実験を開始

  5. メイクアップシート技術を応用した「カスタマイズシート」の展開
  6. パナソニックが開発中のメイクアップシートは、スノービューティーミラーで分析した肌色測色結果にあわせ、独自の印刷技術で顧客一人ひとりの肌に合わせた色味を印刷した厚さ100ナノメートルのシートである。

    貼ることで気になる頬部位・こめかみ部位をカバーできる。同実証では、このメイクアップシート技術を応用し、パナソニック独自の肌色測色技術および印刷技術と、コーセーの化粧品開発知見との連携により、肌に自然になじむ色味・装着感を実現する「カスタマイズシート(仮称)」を展開する。パナソニックとコーセー、センサーで肌状態を分析する「Snow Beauty Mirror」を活用したパーソナライズ提案の実証実験を開始

    パナソニックとコーセー、センサーで肌状態を分析する「Snow Beauty Mirror」を活用したパーソナライズ提案の実証実験を開始

※ コーセーの展開するブランドを取り揃え、消費者に化粧や美容に関わる新たなソフトウェアやハードウェアをブランド横断型で体験できるコンセプトストア。

Previous

東京大学とソフトバンク、AIに特化した研究機関「Beyond AI 研究所」の設立に向けて協定を締結

日本マイクロソフトと鹿島が連携、IoTを活用した建物管理プラットフォーム「鹿島スマート BM」を開発

Next