日立と損保ジャパン日本興亜、 さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始

株式会社日立製作所(以下、日立)と損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、さいたま市において、AIを活用してインフルエンザの流行状況を予測・情報配信するサービスの実証を開始した。同サービスは、日本医師会ORCA管理機構が全国4,000以上の協力医療機関から提供を受けた、インフルエンザを含む感染症の罹患者数データを市区町村別に纏めた「ORCAサーベイランス」を用いており、医療機関の提供データに基づいた予報サービスである。

今回、日立はAIを活用し4週間先までのインフルエンザの流行状況を予測するシステムを新たに開発した。システムは、ORCAサーベイランスの感染症データを中心に、様々なデータを組み合わせてAIで分析することで予測を行う。

同実証では、今後流行が予測されるインフルエンザの罹患率の低下に向けて、さいたま市における4週間先までのインフルエンザの流行度合い(レベル0~レベル3)を予報する住民向けWebサイトを立ち上げ、公開する。PCやスマートフォン、タブレット端末などから同サイトにアクセスすることで、さいたま市における流行速報やインフルエンザの予防・処置に役立つ関連情報を把握することができる。

また、小売店の店舗内にあるサイネージにも予報情報を表示するほか、コミュニケーションアプリ「LINE」上に専用アカウントを開設し、予報情報を定期的に通知する。

同サービスを利用することで、「傘を持って出かける」「遠出は控える」といった日々の計画に役立つ天気予報のように、地域のインフルエンザの流行予報に応じた事前の対策を取ることができる。手洗いやうがいといった予防行動だけでなく、例えば、子育て世帯では、仕事の調整やレジャーの計画見直し、学校への対応といった、罹患した際に備えた行動を取りやすくなるなど、生活支援につながることが期待できる。

なお、同実証の推進にあたっては、さいたま市に加え、スーパーや薬局などの小売店、鉄道会社、医薬品メーカーなどの協力のもと、市内全域の保育園、幼稚園、公立小・中学校といった教育機関や地域住民に対し、同サービスに関するチラシの配布やポスターの掲示を行うことで、同実証に関する情報を提供し、利用促進を図る。日立と損保ジャパン日本興亜、 さいたま市でAIを活用したインフルエンザ予報サービスの実証を開始

Previous

日本マイクロソフトと鹿島が連携、IoTを活用した建物管理プラットフォーム「鹿島スマート BM」を開発

ソニーとVerizon、5Gを用いたスポーツライブ映像のストリーミング配信を行う共同実証実験を実施

Next