ソフトバンク、スマートフォンや家電の使用状況から一人暮らしの安否を確認できる「みまもりサービス」を提供開始

近年、一人暮らしの高齢者が増加し、離れて暮らす多くの家族が不安を感じている。

そこで、ソフトバンク株式会社は、スマートフォンや家電の使用の有無から、一人暮らしの高齢者などの安否を離れて暮らす家族が見守ることができる「みまもりサービス」の提供を、12月19日より開始する。

みまもりサービスは、一人暮らしの高齢者など「見守られる側」のスマートフォンや家電の使用の有無を、離れて暮らしている「見守る側」の家族が専用アプリを通して確認することができるサービスである。見守られる側のスマートフォンがロックを解除するなどの操作をした場合や、専用のIoT製品「みまもり電池(※)」(別売り)を装着した照明やリモコンなどの家電が使用されると、見守る側のアプリに使用時間帯が表示される。

ソフトバンク、スマートフォンや家電の使用状況から一人暮らしの安否を確認できる「みまもりサービス」を提供開始
アプリの画面イメージ
ソフトバンク、スマートフォンや家電の使用状況から一人暮らしの安否を確認できる「みまもりサービス」を提供開始
みまもり電池に市販の単4形乾電池を装着する様子(左)/単4形乾電池を装着すると単3形乾電池として使用可能(右)
また、スマートフォンやみまもり電池を装着した家電などが一定時間使用されない場合には、高齢者など見守られる側にシステムから自動的に電話が発信され、応答がなかった場合は見守る側のアプリに異常を通知する。

さらに、みまもりサービスはアプリの設定が完了すれば、面倒な手続きや複雑な操作をすることなくスマートフォンから見守ることが可能だ。カメラのような機器を使用するサービスと異なり、監視されている印象を受けにくいことから、見守られる側の抵抗感も軽減できる。

今回のみまもりサービスの開始に合わせて、ワイモバイルの初心者向けスマートフォン「かんたんスマホ」にみまもりサービスが標準搭載される。

なお、みまもりサービスの利用料金は、基本プランではワイモバイルの利用者は月額480円、ワイモバイル以外の利用者は月額980円である。また、安否確認電話機能などの一部の機能の利用が制限されるシンプルプランは無料で利用できる。

※ ノバルス株式会社が開発した単3形乾電池型のIoT製品。みまもり電池を、単3形乾電池を使用するさまざまな家電に乾電池として装着することにより、Bluetoothを介して見守られる側のスマートフォンアプリと連携し、家電の使用状況をシステムへ自動送信することができる。

Previous

工場や建設現場で活用されるウェアラブルデバイス

AWS、5Gネットワークを活用したコンピューティング・ストレージサービス「AWS Wavelength」を発表

Next