ブリヂストン、タイヤのひずみから荷重と摩耗状態を推定するセンサー「Smart Strain Sensor」を開発

ドライバーや車両が安全に目的地へ到着するには、車両トラブルを未然に防ぐことが重要である。

そこで株式会社ブリヂストンは、走行時にタイヤが路面と接触したときに発生するひずみを計測してタイヤの荷重と摩耗状態を推定することができるセンサー「Smart Strain Sensor(スマートストレインセンサー)」を開発した。

同センサーは、タイヤの内面に貼り付けて使用し、多くの車両に搭載されている一般的なTPMS (Tire Pressure Monitoring System)センサーの機能であるタイヤの空気圧や温度を把握するだけでなく、タイヤが路面に接触している部分のタイヤのひずみを測定する。そのひずみデータを独自のアルゴリズムによって荷重、摩耗の情報へ変換し、収集することができる。

従来のブリヂストンのタイヤセンシング技術「CAIS」は加速度を計測する手法だが、同センサーは速度に依存しないタイヤのひずみを計測するため、極低速度域でもデータを収集する事を可能とすると共に、独自のアルゴリズムによって電力寿命の改善を実現した。

ブリヂストン、タイヤのひずみから荷重と摩耗状態を推定するセンサー「Smart Strain Sensor」を開発
Smart Strain Sensor のメカニズム
また、タイヤが路面と接する区間では、下図のような波形データ(縦軸にひずみ、横軸に時間)が得られるが、このデータはタイヤにかかる荷重や摩耗の状態によって異なるため、ブリヂストンで従来より培われたタイヤ技術の知見とAIを活用した独自の解析手法により、タイヤの摩耗状況やタイヤにかかっている荷重を推定することができる。これにより、タイヤの溝が浅いなどのタイヤに関する様々な情報をリアルタイムで認知・把握することが可能となる。
ブリヂストン、タイヤのひずみから荷重と摩耗状態を推定するセンサー「Smart Strain Sensor」を開発
同センサーを活用することで、適切なタイミングでのタイヤ交換が可能となり、タイヤメンテナンスの軽減や、タイヤトラブルの未然防止が可能となる事から、安全性の向上につながる。また、将来の自動運転社会における安全な走行制御への活用が期待できる。

Previous

PFNと気象研究所、AIを活用した夏季の竜巻探知手法の開発に着手

ドコモとNEXCO東日本、「AI渋滞予知」で関越道の渋滞を予測

Next