NIRA Dynamics AB、路面状況をリアルタイムで判別し他車両に配信する新安全ソリューションを発表

企業:

NIRA Dynamicsは路面状況をリアルタイムで判別し、他の車両にも道路データを配信し安全な運転ルートを提供できるソリューションを発表した。

スウェーデンでは滑りやすい道路状況が原因で数千件の自動車事故が毎年起きており、この事故件数を減らすことが命題となっている。そして未来の車両が効果的な先進運転支援システムを搭載するには、自動車は道路が滑りやすいかを判別できることが重要視されている。

NIRA Dynamicsは、路面状況をリアルタイムで判別するソフトウエアを80台の車両に装備し、NIRAのRoad Surface Information(RSI)は、路面の特質とタイヤのグリップ状況を常にモニターした。このセンサーフュージョンを利用したアルゴリズムによって、RSIは路面の粗さや道路摩擦の状況を検知するのだ。

そして、RSIをクラウドサービスに接続することによって、道路データは他の車両にも配信、受信した他のドライバーは迫りくる危険ないしは危険な状況に関する情報をにより、運転スタイルを適応させたり、ルートを変更したりすることが可能となる。

NIRAはこの重要な安全機能を迅速に展開することを可能にするため、新しい乗用車の装備としてソフトウエアを組み込むだけでなく、Infocar Training ABと提携して2001年モデルからすべての乗用車の標準インターフェースに接続されているInfocarの電子機器に摩擦ソフトウエアを組み込んだ。これによってNIRAは、リアルタイムで刻々と変化する道路状況に関する極めてダイナミックなこの情報の収集、配信を開始し、それをバックエンド・サーバーに送信することが可能となった。

このクラウドデータは他のドライバーや道路管理当局をはじめ、先進運転支援ないしはリアルタイム天候ナビゲーションデータのシステムと共有することが可能となるのだ。

 

【関連リンク】
NIRA Dynamics

Previous

エルナー、車載市場へ向け新工法による折り曲げて組込可能なコネクターレス基板を開発

2017年12月ドバイにて、現代的テクノロジー・人工知能を用いた9つの競技で競う「World Future Sports Games」開催

Next