ミスミが提案する、部品調達のデジタル革命「meviy」 ―ミスミグループ本社 吉田光伸氏インタビュー

株式会社ミスミグループ本社は、顧客が設計した加工部品の3DCADデータをブラウザ上にアップロードするだけで、即時見積もりと最短1日出荷を実現する部品調達プラットフォーム「meviy(メヴィー)」を展開している。「設計」「調達」「製造」「販売」というものづくりのバリューチェーンの中で、調達領域の「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を推進するmeviyとは、どのようなサービスなのか。また、どのように誕生したのか。株式会社ミスミ 3D2M企業体 代表執行役員 企業体社長 吉田光伸氏に聞いた(聞き手:IoTNEWS代表 小泉耕二)。

ミスミ革新の歴史~カタログ×標準化で「図面を書かない調達」を実現

IoTNEWS 小泉耕二(以下、小泉): まず、御社の事業についてお聞かせください。

ミスミ 吉田光伸氏(以下、吉田): ミスミは、製造業向け機械部品の製造と販売を手がける企業です。取り扱っている部品点数は2,940万点、業界最大のラインナップです。スマートフォンや自動車といった製品に組み込まれる「直接材」ではなく、それらの製品を生産する設備・装置に必要な「生産間接材」を提供しています。

製造業における部品調達の課題は、とにかく「時間」です。具体的には、「作図の手間」、「見積もりの待ち時間」、「長い納期」の三つです。私たちは、これらを「時間の三重苦」とよんでいます。

たとえば、ある生産設備を1台つくるのに1,500点の部品が必要だとしましょう。部品1点に対して紙図面を1枚書きます。1枚書くのに平均30分ほどかかりますから、部品が1,500点あると750時間です。見積もりには、いまだにFAXが使われることが多いです。1,500枚の見積書をFAXで送るのに、25時間。回答待ちで56時間(1週間)。最後に納期は、平均すると――地域や加工メーカーによってばらつきがあります――2週間(112時間)です。すると、作図→見積もり→納期待ちという一連の流れで、1,000時間(125日)もかかるのです。

日本のGDPの2割をしめる製造業全体の影響についていうと、年間1兆円もの間接コストが部品調達に浪費されています――日本の製造業は20万社あり、それぞれで1,000時間(125日)。製造業の時間チャージ5,000円とすると、これほどかかるわけです。

ミスミが提案する、部品調達のデジタル革命「meviy」 ――ミスミグループ本社 吉田光伸氏インタビュー
ミスミのイノベーション:カタログ×標準化でものづくりの「時間」を創出

吉田: こうした課題に対して、ミスミが過去に起こしたイノベーションが「カタログ」と「標準化」でした。1977年のことです。必要な部品の形状や材質、寸法を選んでいくと、カタログ番号ができます(例:SFJ10-100)。あとはこの番号で注文するだけです。つまり、設計者は紙図面を書く必要がありません。価格と納期もカタログ番号からわかります。

弊社はMTO(Make To Order:受注製作品)で製品をつくります。ベトナムなどのローコストカントリーで大量に半製品(半完成品)をつくります。それを各国の最終仕上げ工場にストックしておき、いざ注文が入ると、最後の仕上げ加工をして、短納期で出荷するしくみです。

小泉: 納期がカタログに明記されているのですか。かなり思い切ったサービスですね。

吉田: ええ。どれだけ注文がくるかわからないのに、納期を3日と保証するのは、簡単なことではないと思います。顧客数はグローバルで30万社です。これは、たとえば大手自動車メーカーでも1社としてカウントしていますから、事業所の数などでいうと、さらに膨大です。1日約20万件の部品を製造して出荷しています。

小泉: カタログは、カスタマイズの可能性を総当たりで理解している人じゃないとつくれませんよね。このカタログ自体がものづくりのノウハウのかたまりだということですね。

吉田: おっしゃるとおりです。非常に高度な「ノウハウ」が必要です。

次ページ:3DCADデータだけで価格と納期がわかる

Previous

NECとシーメンス、IoT領域において協業しAIを活用した監視・分析ソリューションを提供開始

総務省、令和2年度予算「IoTの安心・安全かつ適正な利用環境の構築」に係る提案・事業委託先を公募

Next