NTT東日本・東京都農林水産振興財団・NTTアグリテクノロジー、ローカル5Gを活用した農業の実装に向けた連携協定を締結

公益財団法人東京都農林水産振興財団と、東日本電信電話株式会社、株式会社NTTアグリテクノロジーは、ローカル5Gを活用した農業の実装に向けた連携協定を2020年4月3日に締結した。

同連携協定では、試験ほ場と研究所をつなぐ連携事業を行う。

次世代通信システムであるローカル5Gを利用し、超高解像度カメラやスマートグラスから映像データをほ場から研究所に送る。研究所では、送られてきた映像データを基にした最適な農作業支援を行う他、カメラ等の遠隔操作や遠隔からの栽培に関するアドバイスを行う。

実装場所は、試験ほ場としてNTT東日本研修センター、研究所として東京都農林総合研究センターを予定している。

Previous

IDC、ITインフラのモダナイゼーションに対する最大の阻害要因は「予算の制約」であると発表

富士通など、地域課題解決のためのローカル5G検証システム構築を開始

Next