ハスクバーナ、ロボット芝刈り機向けApple Watch(TM)アプリを発表

ロボット芝刈り機のハスクバーナは、Apple Watch(TM)向けのアプリであるAutomower(R) Connectアプリを発表した。Automower(C)Connectにより、あなたが仕事または世界の反対側で休暇していても、腕にまいたApple Watch(TM)からフィンガータッチで芝生を刈ることができる。

 

Automower(R) Connectアプリは、ハスクバーナのAutomower(R)320、330X、450Xにおいて利用可能。また、ワンタッチ・ディスプレイは以下の重要な分野における機能性を高める。

・コントロール:ロボット芝刈り機の現在の状態を監視し、「スタート」「ストップ」「パーク」コマンドを送信する。

・設定:ロボット芝刈り機の設定メニューを読み取り、変更する。

・セキュリティ:盗難が発生した場合、アラーム通知を受信し、ロボット芝刈り機の位置を追跡する。

ハスクバーナ、ロボット芝刈り機向けApple Watch(TM)アプリを発表

同アプリケーションはApp Storeにおいて無料でダウンロード可能で、ユーティリティ・カテゴリに表示される。

 

Husqvarna Automower(R)について

ハスクバーナのロボット芝刈り機は1995年に導入されて以来、ほぼ全ての庭に対処できる真のパフォーマーへと進化してきました。20年以上もの間、ロボット芝刈り機は芝生の作業に優れており、効率的で静音性に優れ、時間を節約する。

ロボット芝刈り機は電気によって作動し、45%の急勾配を登り、どのような気候でも動作し、また静粛な動作を実現。

ユニークな草刈技術は、決められた区域内の草を、ランダムなパターンで継続的に数回カットする、芝刈り機の小さな、鋭い回転ブレードに基づいている。バッテリーを充電する際、芝刈り機は充電ステーションに戻り、その後、作業が完了するまで刈り続ける。

 

【関連リンク】
ハスクバーナ(Husqvarna)

Previous

インターリンク、人工知能「DQN」使用のアプリ開発がテーマの「2016シリコンバレーインターンシップ」募集開始

タカラトミー、気ままな猫型ロボット「Hello(ハロー)! Woonyan(ウ~ニャン)」発売

Next