アドバンテック、AIを活用して発熱者をスクリーニングする感染防止ソリューションを販売開始

新型コロナウィルスの感染が広がる中、外来者に負担をかけずに発熱者をスクリーニングするソリューションは、検閲者の接触による感染リスクを大きく低減することができるほか、社会活動の継続を行う中でのウィルスの流行を抑制することができると見込んでいる。

アドバンテック株式会社は、AIによる顔検知機能とサーマル画像カメラを組み合わせた技術で、外来者の体表面温度のみを迅速に非接触で測定し発熱者を自動的に通知、および3Dカメラで密集度を測定する感染防止ソリューションの販売を開始した。

同ソリューションは、マスクをしていても顔検知が可能な上、コーヒーなどの発熱体を手にしていても顔部分の発熱を検知することができる。また、複数の来訪者に対しても同時に検知が可能だ。万が一発熱来訪者が検知された場合は、アラートで通知される。

さらに、同ソリューションは以下の4つのシステムから構成される。

  1. 外来者発熱スクリーニングシステム
  2. AI技術による顔検知機能とサーマル画像カメラとを組み合わせたソリューションで、外来発熱者のスクリーニングが行える。

  3. 密集度計測システム
  4. AI技術による3Dカメラを使用した人計数で密集度を判定することができる。

  5. ソーシャルディスタンス計測システム
  6. 密集度計測システムを応用する形で人と人との距離、ソーシャルディスタンスを判定することができる。

  7. 感染者トラッキングシステム
  8. 外来発熱者スクリーニングシステムを応用する形で顔認識技術を組み合わせて、感染者の特定およびトラッキングを行うことができるシステムである。

アドバンテック、AIを活用して発熱者をスクリーニングする感染防止ソリューションを販売開始

アドバンテック、AIを活用して発熱者をスクリーニングする感染防止ソリューションを販売開始
デモの様子
アドバンテック、AIを活用して発熱者をスクリーニングする感染防止ソリューションを販売開始
ディスプレイ上にサーマル画像と実画像を表示し、実画像上に発熱情報を重ねて表示される
このうち、ソーシャルディスタンス計測システムは2020年6月、感染者トラッキングシステムは同年7月に出荷開始予定となっている。外来者発熱スクリーニングシステムにおいては、アドバンテック本社ビルのエントランスに設置されている。

同ソリューションは、オフィスビルの入り口をはじめ、病院や多数の人が集まる公共施設や工場等さまざまな場所での利用が期待できる。

Previous

第四次産業革命とは?

伊藤忠テクノソリューションズとIdein、AIによる顔認識機能を活用した体温検知デバイスの販売開始

Next