村田製作所、RFIDミドルウェア「id-Bridge」を活用した医療材料の物流管理業務向けトライアルサービスを開始

医療機器業界では、流通経路や取引形態の複雑化から、医療機器メーカー各社での物流管理業務や市場在庫の把握が喫緊の課題となっている。特に、高度管理医療機器に分類される整形インプラント製品や血管カテーテル・ステントなどの循環器製品をはじめとする医療材料は、医療機関への流通過程において製品の出荷・返却にともなう検品作業や棚卸業務に多大な時間とコストが発生している。
村田製作所、RFIDミドルウェア「id-Bridge」を活用した医療材料の物流管理業務向けトライアルサービスを開始
株式会社村田製作所は、医療機器メーカーや物流事業者などが検品作業や在庫管理の業務効率化のためにRFIDシステムをより手軽に導入できるよう、効果検証などの小規模運用から利用可能な「id-Bridge」トライアルサービス開始した。

id-Bridgeは、村田製作所で開発するRFIDミドルウェア(※1)のウェブアプリケーションで、顧客の基幹システムと各RFID機器(プリンタ、リーダライタなど)との間でデータ連携を行う。一般的に基幹システムとの連携を前提としたシステム構築には大規模な投資が必要だが、スタンドアロンで稼働可能なid-Bridgeは低価格でRFIDシステム導入による効果検証を可能とした。

また、導入後に基幹システムと連携する場合は、ミドルウェア内にデータ連携の追加インターフェースを開発することもできる。一般的な物流業務や物品の管理に必要とされる基本機能も備えており、医療分野以外の用途にも適応する。

同サービスでは、村田製作所が通信事業で培った無線環境を構築する技術や、利用環境に応じた導入サポートのノウハウを活かし、医療材料の物流管理に適したソフトウェアとハードウェアの提供から導入時の現場調整までをトータルサポートする。ウェブアプリケーションのためソフトウェアの新規インストールが不要で、RFIDタグ発行、検品作業、棚卸し、製品探索などの幅広い物流管理業務プロセスに適応している。

また、米国医療機器・IVD工業会(※2)推奨の国際規格GS1-128(※3)に準じたRFIDタグ発行機能を標準化しており、RFIDタグのEPCメモリ(※4)にGTIN(※5)・シリアル(※6)、USERメモリ(※7)にロット番号・有効期限などをPacked Object方式(※8)で圧縮書き込みを行う。さらに、タグの読み取り方法は、ハンディリーダ、もしくは据置リーダを用いたテーブル型、トンネル型、ゲート型など顧客の希望に合わせて対応可能だ。
村田製作所、RFIDミドルウェア「id-Bridge」を活用した医療材料の物流管理業務向けトライアルサービスを開始
これにより、機器の相性問題や電波の利用環境に左右されない安定したシステム環境の構築を実現する。

※1 RFIDミドルウェア:さまざまなRFID関連機器の制御や取得したデータの集計およびフィルタリング、上位システムとのインターフェースの役割を果たすソフトウェア。
※2 米国医療機器・IVD工業会:米国に本社を置く企業の日本法人および賛助会員企業で構成された医療機器と体外診断用医薬品の業界団体。
※3 GS1-128:GS1(国際流通標準化機関)にて規定された医療材料の標準バーコード体系。
※4 EPCメモリ:UHF帯RFIDタグに内蔵され、書き換え可能でタグIDとして利用可能なメモリ領域。
※5 GTIN:GS1標準の商品識別コード。
※6 シリアル:商品用の個別識別コード。
※7 USERメモリ:UHF帯RFIDタグに内蔵されている、ユーザーが書き込み可能なメモリ領域。
※8 Packed Object方式:GS1-128のバーコードに記載されたロット、有効期限などの情報をRFIDタグのUSERメモリに書き込む際のデータ圧縮方式。

Previous

オーリック・システムズ・ジャパンのビッグデータ分析基盤「Pivotbillions」、540億件の位置情報データから移動パターンを抽出可能に

エイシング、エッジAIにおける市場調査機関「Edge AI Research Center」を設立

Next