京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発

京セラ株式会社と慶應義塾大学SFC研究所は共同で、京セラの3軸水晶ジャイロセンサーを活用してデータの取得や卓球ラケットの角度や軌道の可視化が可能な「卓球ラケットセンサーシステム(IoT on Table Tennis)」(以下、IoTTT)を開発し、2020年6月上旬より共同で実証実験を開始する。

3軸水晶ジャイロセンサーは、温度特性や結晶性など特性の良い水晶を用いて、京セラ独自の設計技術と加工技術により研究開発された。従来1軸1の水晶ジャイロを3軸1PKGに搭載することで小型化を実現し、従来品では計測できない速い回転や動き、軌跡をより正確に測定することができる。

京セラと慶應義塾大学、3軸水晶ジャイロセンサーを活用して卓球ラケットの角度や軌道を可視化するシステム「IoT on Table Tennis」を開発
3軸水晶ジャイロセンサーモジュール
今回開発されたIoTTTは、卓球ラケットのグリップエンドに3軸水晶ジャイロセンサーモジュールを装着することで選手のラケットの角度や軌道のデータを取得し、パソコンやスマートフォンの画面上での可視化を実現した。

これにより、卓球選手の挙動再現性や一流選手との相似性を計測してデータを解析することで、コーチングやトレーニングなどへの活用が期待される。

慶應義塾大学の仰木氏は「京セラの3軸水晶ジャイロセンサーは、データをワイヤレスで送受信可能な小型モジュール化を実現しているので、バドミントン、テニスのようなラケット、野球のバット、ホッケーのスティックなど、様々な道具に簡単に設置し計測することが可能です。またトラック競技などにおいても、シューズに装着することで選手の動きのセンシングにも用途展開可能であると考えます」と述べた。

京セラ卓球ラケットセンサーシステムイメージ動画
Previous

マクニカ・損保ジャパン・SOMPOリスク、製造業向けにIoT製品のデータを活用した専用保険のサービスを提供

OKI、AIとIoTセンサーを活用した可搬型エリア侵入監視システム「Motion Alert」を販売開始

Next