IDC、2019年~2024年国内IoTインフラ市場は年間平均成長率14.6%で成長と予測

企業:

IDC Japan株式会社は、国内IoTインフラストラクチャ市場(以下、国内インフラ市場)予測を発表した。これによると、2020年の国内IoTインフラ市場の支出額は、前年比5.1%増の1,048億円になると見込んでいる。また、2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は14.6%で、2024年の同支出額は1,971億円になるとIDCは予測している。

IDCでは、IoTの基本アーキテクチャとして「IoTの3層モデル」を定義している。この定義に従い、2020年の国内IoTコアインフラ市場の支出額は、前年比1.7%増の678億円、2019年~2024年のCAGRは10.9%、2024年の支出額は、1,117億円になると予測している。一方、2020年の国内IoTエッジインフラ市場の支出額は、同11.9%増の371億円、同CAGRは20.9%、2024年の支出額は、854億円になると予測している。

IoTの普及と共に、IoTデータの分析処理が多様化し、レイテンシー(処理応答時間)やセキュリティの観点から、IoTエッジ層でのデータ分析処理を志向する企業が増えている。

今年、IDCが実施したユーザー調査でもIoTコアインフラとIoTエッジインフラに対する予算配分は、今後3年間でIoTコアインフラの割合が減少し、IoTエッジインフラの割合が増加するという結果が得られた。このことから、国内IoTインフラ市場全体における、IoTエッジインフラ市場の構成比は、2019年の33.2%から、2024年には10.1ポイント上昇して43.3%になるとIDCは予測している。

なお、国内IoTエッジインフラ市場のうち、Computeサブセグメント市場については汎用サーバーとIoTエッジ専用製品に分けて市場予測を行っている。これによると、2020年の汎用サーバーの支出額は前年比3.7%増の68億円、2019年~2024年のCAGRは4.5%、2024年の支出額は81億円になると予測している。一方、IoTエッジ専用製品の支出額は同16.4%増の93億円、同CAGRは32.7%、2024年の支出額は、328億円になると予測した。

IoTエッジインフラの設置場所は、エッジマイクロデータセンター(基幹データセンター以外のデータセンター)のように、空気が清浄され、室温が調整された空間ではなく工場内製造ライン近くや屋外といった過酷な環境になるケースが増えると想定している。

IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの下河邊雅行氏は「IoTエッジインフラにおけるデータ分析処理のニーズが高まり、耐環境性を有するIoTエッジインフラとして、IoTエッジ専用製品の需要が今後拡大する。IoTインフラベンダーは、IoTエッジ専用製品のラインナップを強化し、IoTインフラビジネスの拡大を図ることが必要である」と述べている。

Previous

サーバーワークスとユビキタスAIコーポレーションが協業、AWS上でのセキュアなIoTサービスを実現するソリューションを提供開始

サントリー、個客理解を進めるDX事例を紹介 ーリテールAIセミナー2020 レポート2

Next