ぷらっとホーム、SIIの無線センサーネットワーク「ミスター省エネ」との接続に対応したIoTゲートウェイ用オプションを販売開始

昨今、密状態を防止するためのCO2モニタリングや、電力のピークカットを行うための使用電力の可視化、人の在・不在に応じ空調温度の自動制御によるコスト削減など、様々な社会問題の解決や経費削減に向け、IoTシステムのニーズが高まっている。一方で、これらの仕組みを構築する場合、センサーネットワークの配線工事の手間や、無線であれば障害物や階数に応じた電波到達範囲の調査等、課題が多く存在している。

ぷらっとホーム株式会社は、OpenBlocks IoTシリーズ用の新しいオプション製品「ミスター省エネモジュール」の販売を開始した。同オプションによりOpenBlocks IoTは、セイコーインスツル株式会社(以下、SII)の提供する「ミスター省エネ」の機器群からのデータ収集やセンサーの制御を行う事が可能となる。

「ミスター省エネ」は、920MHz帯無線で手軽に電力・温度・湿度・CO2・照度・パルスの計測&見える化や、Modbus機器の制御を行うことができる無線センサーネットワークである。各ノード(子機)が計測したデータを無線でベース(親機)に送信しPCやクラウドなどへデータを出力が可能なほか、無線センサーならではの3つのフリー(スペースフリー、リミットフリー、アディションフリー)で「環境の見える化」をサポートする。

同オプションにより、設置や増設がしやすく、無線性能が高いセンサーネットワークに各クラウドへの接続が簡便なIoTシステムが容易に構築できるようになる。加えて、AirManageリモートマネージメントサービスを利用することにより、導入後もメンテナンスや運用がしやすいだけでなく、設定変更やプログラムの追加等をもフルリモートで可能となる為、無線センサーネットワークの強みを更に活かせる。

Previous

ニチガス、山間部や都市部等でも通信可能なLTE-M版NCU「スペース蛍」を開発

KDDIと大成ロテック、アスファルト合材のプラットフォーム型オーダーシステム「アスプラネットシステム」を共同開発

Next