ソフトバンク・大阪市・AIDOR共同体、5G関連ビジネスの創出に関する連携協定を締結

ソフトバンク株式会社、大阪市およびAIDOR共同体(※)、一般社団法人i-RooBO Network Forum(以下、iRooBO)と、5G関連ビジネスの創出に関する連携協定を締結した。連携内容は以下の通り。

  1. 5Gの実験機器での技術検証ができるトライアル環境の提供
  2. 5G関連技術やソリューションの展示
  3. 5Gや5G関連技術を活用した新たなビジネスの創出に関するセミナーなどの開催
  4. 上記に関係する事業

また、3者はこの協定に基づいて、企業が5Gの技術検証や体験を行える施設「5Gオープンラボ(仮称)」を、大阪市が設置する「ソフト産業プラザTEQS」(運営委託先:AIDOR共同体)内に9月より開設予定だ。

5Gオープンラボは、5G関連ビジネスの創出を支援する施設である。「検証ラボ」と「展示・体験ルーム」から構成され、5Gを活用して製品・サービスの検証などが無償で行える他、5Gのデモンストレーションを体験することができる。また、5G関連ビジネスの創出を目的として、セミナーの実施や技術サポート、販路開拓などの支援も行う。

検証ラボ

シールド設備や試験用基地局を設置して、5Gや4Gの試験用電波を放射することで、5GやIoTを活用した新たな製品・サービスの開発・検証が可能である。

展示・体験ルーム

5Gを活用したソリューションを展示し、デモンストレーションを通して5Gを体感することができる。実際に企業に体験してもらうことで、5Gへの関心を高め、新たな発想を促進する。

※ AIDOR共同体:大阪産業局とiRooBOによって構成された、テクノロジービジネス支援を目的とした共同事業体。

Previous

ビーキャップと三井デザインテック、新型コロナウイルスの感染リスクを回避するオフィスIoTツール「Beacapp コロナ対策マップ」を提供開始

[7/21]Advantech Gateway Forum Day1 ーアドバンテック(無料/ウェビナー)

Next