AIoTクラウドとJ:COMが連携、AIoTプラットフォームを活用してAIoT家電の利用データを提供開始

シャープの子会社である株式会社AIoTクラウドは独自のAIoTプラットフォームを活用して、株式会社ジュピターテレコム(以下、J:COM)とサービス契約を結んだユーザー宅で利用されているシャープ製AIoT家電(テレビ、エアコン、空気清浄機、冷蔵庫)の利用データをJ:COMに提供を開始した。

これにより、J:COMが運営するホームIoTサービス「J:COM HOME」で、自宅で利用しているシャープ製AIoT家電の稼働状況を外出先から確認できるようになる。
AIoTクラウドとJ:COMが連携、AIoTプラットフォームを活用してAIoT家電の利用データを提供開始
また、シャープのスマートライフアプリ「COCORO HOME」とJ:COM HOMEの連携が可能となった。これにより、AIoT家電の操作をしたい時は、J:COM HOMEアプリの家電表示画面からCOCORO HOMEを起動して簡単に操作することができる。J:COM HOMEサービス加入前に詳しい内容を確認したりサービス加入後に設定を変更する際は、COCORO HOMEのサービスリストからJ:COM HOMEサービスにつなぐことができる。
AIoTクラウドとJ:COMが連携、AIoTプラットフォームを活用してAIoT家電の利用データを提供開始
なお、AIoTクラウド、シャープ、J:COMは、経済産業省の「LIFE UP プロモーション」に参画し、生活データを活用したサービスの利用契約を行った消費者に対し、インセンティブを提供する。

Previous

KTCと横浜ゴム、IoTを活用したタイヤマネジメントシステム「T.M.S」にスマートセンシングデバイス「TRASAS for Auto」を採用

プラントシミュレーションで工場のKPIを具体的に改善する ーシーメンス 小林氏

Next