リアルタイムのデータを直感的に可視化する ーアドバンテック SaaS Composer

PR

SaaS Composerは、アドバンテックが提供するデータ可視化のためのツールである。2Dや3Dの図にWebAccess/SCADAで取得したデータを紐付けることで、リアルタイムのデータを直感的に再現することができる。

図の作成方法

SaaS Composerで図を作成するためには、内部のSketchboardで作成するか、3DCADなどで作成したモデルを読み込むという方法がある。ここでは、内部のSketchboardでの図の作成方法を紹介する。

SaaS Composerの要素を選択し、Sketchboardに貼り付けている。
SaaS Composerの要素を選択し、Sketchboardに貼り付けている。
SaaS Composerには、工場の建屋やオイルタンク、ファンなどといったような要素がデフォルトで100種類以上組み込まれており、この要素を組み合わせていくだけでも図を作成することができる。
工場の建屋の要素とタイトルを設置した。
工場の建屋の要素とタイトルを設置した。
ここでは、工場の建屋別生産台数を表示させるために、工場建物の要素と、タイトルを表示させる要素を選択している。
各要素に対して、どのタグと紐付けを行うかを設定する。
各要素に対して、どのタグと紐付けを行うかを設定する。
各要素は、スクリプトが書き込めるようになっており、どういった条件で動かすかを設定することができる。こうした要素に対して、WebAccess/SCADAで収集しているデータのタグ情報を紐付けることで、データに応じてアニメーションが動いたり、数値を表示させたりできるようになる。
データと紐付けを行うことで、工場の建屋に対し生産台数を表示させることが出来た。
データと紐付けを行うことで、工場の建屋に対し生産台数を表示させることが出来た。
このように作成された図は、WISE-PaaS/Dashboard上に、1つのパネルとして表示させることができる。

その他、具体的なアドバンテック製品に関する記事は以下にある。

 

Previous

ドコモ・京急電鉄など、5Gと高速AIディープラーニングを活用した鉄道インフラのリアルタイム遠隔・自動監視の実証試験を開始

NECと産総研、生産ライン構築や計画変更を高速化するAI技術を日産自動車と実証

Next