富士通、顧客のDX加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始

ローカル5Gや自営BWA(Broadband Wireless Access)などの自営無線システムを導入するには、ワイヤレス技術に加えて、現場の多様なデバイスからデータを収集・処理するIoT技術など、高度な専門知識と導入や運用のノウハウが必要である。

富士通株式会社は、顧客のDX加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始する。

具体的には、自営無線システムの円滑な導入と業務での活用に向け、PoC(Proof of Concept)、免許申請・電波測定、設計・構築、運用・保守までをワンストップでサービス提供する「プライベートワイヤレスマネージドサービス」、および自営無線システムの通信機能とその管理機能を月額利用可能とする「プライベートワイヤレスクラウドサービス」を販売する。

プライベートワイヤレスマネージドサービスでは、富士通のワイヤレス環境で予め技術検証するPoCや基地局システムの免許申請・電波測定、設計・構築、運用・保守までのプロセスを、富士通のワイヤレス技術の専門技術者によりワンストップでサービス提供する。

富士通、顧客のDX加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始
プライベート ワイヤレスマネージドサービスの概要
一方のプライベートワイヤレスクラウドサービスでは、基地局やコアネットワーク、SIM(※2)による通信機能とその稼働状況の遠隔監視や障害発生時の一次対応などのサービス管理機能を月額で利用可能とし、初期導入コストを抑えたスモールスタートを実現する。また、2020年度4Qに提供予定の4.7GHz帯スタンドアローン型5G基地局(※1)もプライベートワイヤレスクラウドサービスに対応させ、導入コストの最適化と柔軟な通信環境作りを実現する。

なお、利用料金としてプライベートワイヤレスマネージドサービスは個別見積、プライベートワイヤレスクラウドサービスは初期費が100万円~、月額利用料が40万円~となっている。

富士通、顧客のDX加速に向けたローカル5GやプライベートLTEなどの自営無線システムの活用を可能とするサービスを提供開始
プライベートワイヤレスクラウドサービスの概要
また、上記のサービス販売と同時に、顧客の業務革新や課題解決に向けて、富士通のローカル5Gをはじめとする技術や知見とパートナー企業の技術を活用したソリューション共創プログラム「ローカル5Gパートナーシッププログラム」と、それらの検証施設「FUJITSU コラボレーションラボ」(神奈川県川崎市)を開設する(トップ画)。

ローカル5Gパートナーシッププログラムでは、幅広い業種のパートナー企業とともに、ローカル5Gを活用した多種多様なユースケースの創出とソリューション開発を実施し顧客に提供する。

FUJITSU コラボレーションラボでは、ローカル5Gのネットワーク環境下で顧客が抱える課題に対して、富士通のネットワーク技術や幅広い業種ノウハウの知見をもとに、パートナー企業の製品・サービス等を統合し、ローカル5Gを活用した顧客の業務革新や課題を解決するソリューション共創を図る。同施設の主な利用可能設備は以下の通り。

  • ローカル5G基地局
  • ローカル5G通信端末
  • インターネット接続環境
  • エッジコンピューティング用サーバ
  • 各種計測器

今後富士通は、2025年度末までにローカル5G関連ビジネスで累計1,000億円を目指すとした。

※1 スタンドアローン型5G基地局:コントロールプレーン(制御信号)、ユーザープレーン(ユーザデータ信号)の両方に5G基地局を使用する。4G LTEのコアネットワークに頼らず、5Gのコアネットワークのみの構成で5Gのネットワークを展開する。
※2 SIM:携帯番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンなどの各種デバイスが通信するために必要な情報。

プレスリリース提供:富士通

Previous

オプテックス・N-STOUT・ハックスター、車両検知センサーや自動運転に対応した次世代の駐車場を共同開設

ソフトバンクとミツフジ、高精度測位と生体情報を活用したウエアラブルソリューションの提供に向けて協業

Next