ゼンリン、建設業界のBIM/CIMを支援する「ゼンリン3D地図データオンライン提供サービス」にて3D DXFデータを提供開始

株式会社ゼンリンは、3D地図データをオンラインで提供する「ゼンリン3D地図データオンライン提供サービス」で、CADからBIM(※1)/CIM(※2)ソフトまで多様なソフトで利用可能な3D DXF(※3)データを10月23日より提供開始する。

ゼンリン3D地図データオンライン提供サービスは、必要な範囲と仕様を指定すると利用ソフトに最適なフォーマットで3D地図データをダウンロードできるサービスである。プレゼンテーションの作成や関係者間でのイメージ共有による合意形成の迅速化が図れる。各種料金プランから用途や使用量に応じて利用できる。

今回提供を開始する3D DXF データでは、DXF形式の地図データがラインナップに加わったことでBIM/CIMモデルと親和性の高い敷地図データとしての活用が可能となった。今回は、2DのDXFデータをベースに、構造物を3Dモデル化した「3D DXF データ」が新たに追加される。プラン料金は変わらず、用途によって2D DXFと3D DXFの使い分けが可能だ。CADを含む様々なソフトで簡易的な3Dモデルが扱えるようになり、周辺環境の再現が可能となる。
ゼンリン、建設業界のBIM/CIMを支援する「ゼンリン3D地図データオンライン提供サービス」にて3D DXFデータを提供開始
なお、同サービスの料金プランは以下の通り。
ゼンリン、建設業界のBIM/CIMを支援する「ゼンリン3D地図データオンライン提供サービス」にて3D DXFデータを提供開始

※1 BIM:3次元の形状情報に加え、建築物の属性情報を併せ持つ建物情報モデルを構築すること。Building Information Modelingの略称。
※2 CIM:建築分野で進められているBIMの概念を土木工事にも取り入れたもの。Construction Information Modeling /Managementの略称。
※3 DXF:CADソフトで作成する図面用のファイル形式の一種。Drawing Exchange Formatの略称。

Previous

IDC、ITインフラがDXの基盤となりビジネス変革を牽引する役割を担うことへの期待が高まっていると発表

YE DIGITAL、AI画像判定サービスオンプレミス版「MMEye Box」をリリース

Next