ユニアデックス、閉域LTEのスマートフォンで院内通話とナースコールが連携可能なソリューションを開発

ユニアデックス株式会社は、閉域LTEとクラウド環境を用いて提供する「スマートフォンIPナースコール連携ソリューション」を提供開始した。

同ソリューションは、閉域LTEを活用したクラウド型内線通話・ナースコール連携サービスである。従来の構内PHSと同様に内線電話として使用できるだけでなく、ナースコールも着信する。IP電話の設定により一斉発信や、着信順番などを細かく設計することも可能だ。

最近のナースコール設備は、レガシータイプだけでなく、電子カルテと連動する高機能PCタイプまで、複数のラインアップが充実しているが、同ソリューションではレガシータイプに加えてPCタイプのナースコール機能もスマートフォンに連携している。ナースコール着信時にナースコールシステムのポップアップと同じ呼出情報をスマートフォンにもビジュアル表示できるため、看護スタッフに直感的な呼出情報を通知することができる。
ユニアデックス、閉域LTEのスマートフォンで院内通話とナースコールが連携可能なソリューションを開発
また、内線/外線の通話、ナースコール着信・画像表示に加えて、遠隔ビデオ通話やチャット機能、Push to Talk(トランシーバー機能)などのアプリケーションを活用することができる。例えば、Bluetoothでのインカムなどを利用することにより、両手を使った作業をしているときでもナースコール対応や通話が可能だ。さらに、インスタント通話を活用すればお互いの状況が即座に把握できるなど、医療現場のコミュニケーションの活性化が期待できる。
ユニアデックス、閉域LTEのスマートフォンで院内通話とナースコールが連携可能なソリューションを開発
同サービスモデルでは、PHSからスマートフォンへの置き換えだけでなく、スマートフォンに専用のSIMを挿すことでキャリアの電波を利用しつつ、通信の行き先や経路を限定することが可能な閉域のLTE網の中でシステムに接続することができる。これにより、これまでアクセス回線として敷設していた無線LANの導入コストを必要最低限に抑えることができる。

また、音声制御システムもクラウドで提供されるため、運用コストもオンプレミスでシステム構築するより削減できる。

今後ユニアデックスは、閉域LTEクラウドサービスモデルを含めた同ソリューションを拡販し、今後3年間で100以上の医療・介護機関への提供を目指す。

Previous

日立、DXの実現およびQoLの向上に向けたオープンイノベーションを加速するパートナー制度「Lumadaアライアンスプログラム」を開始

パナソニック、顔認証APIエンタープライズエディションとSaaSプラットフォームの提供を開始

Next