TRUST SMITH、自動運転車による工場内の事業自動化を支援する関連会社「SMITH&MOTORS株式会社」を設立

近年、労働人口の減少により、製造業や運送業における人材確保の課題は年々深刻化している。それに加えて、新型コロナウイルス拡大に伴い、製造業の工場内での従業員感染が続出していることから工場の操業停止リスクが高まっている。

また運送業では、「巣篭もり生活」による影響からネットショッピングの需要はますます高まり、小口配送が増加傾向にある。この現状は、運送業界全体が激務化しており、労働者ひとりひとりの負担が大きいことを意味している。

そこでTRUST SMITH株式会社は、製造業や運送業を中心に自動運転車(AGV、フォークリフト、トラック)を用いて工場内での事業の自動化を支援する関連会社「SMITH&MOTORS株式会社」を設立した。AI・ロボティクスの技術を活用した自動運転車による事業自動化コンサルティングを行う。

TRUST SMITHは、東大発の数理・物理アルゴリズムベンチャー企業で、障害物回避型アームアルゴリズムを初め、自動搬送ロボットや自動搬送トラックの開発を進めている。今回設立したSMITH&MOTORSでは、トラストスミスグループの技術を活用して製造業、運送業に従事する企業へ自動運転車を用いて工場内の事業自動化への支援を行う方針だ。

自動運転に必要な技術として、運転者行動予測AI、歩行者行動予測AIによる道路や工場内の状態認識、配車システムによる最適な配車と指示を行うプログラム、アクティブ式超音波距離測による既存技術を超えた距離や速度のある車両間の位置把握など、最先端の技術を生かしてクローズドエリアの自動化を目指す。TRUST SMITH、自動運転車による工場内の事業自動化を支援する関連会社「SMITH&MOTORS株式会社」を設立

Previous

AIプロジェクトの成功には、AIとシステム開発の両知識が必要 ーNSW AIチームリーダー神保昌徳氏インタビュー

IoT人気記事ランキング|ソニーネットワークコミュニケーションズヨーロッパに見る、IoT通信における「LTE-M」と「NB-IoT」の選択事例など[12/21-1/3]

Next