NEC・凸版印刷・マクニカ・コトバデザイン、ローカル5GやMRを活用した新たな観光体験の実証実験を実施

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図りながら集客力向上を目指す「新たな日常」における観光として、屋外の観光資源とICTの融合による新たな観光体験への期待が高まっている。

日本電気株式会社(以下、NEC)と凸版印刷株式会社、株式会社マクニカ、株式会社コトバデザインは、ローカル5GやMR(複合現実)を活用した新たな観光体験の実現に向けた実証実験を2021年2月26日から3月1日まで、奈良県の平城宮跡歴史公園にて実施する。

同実証では、ローカル5Gを活用してMRによる新たな歴史文化体験とAI自然会話(以下、AIコンダクター)による新たな園内移動体験を提供する。

新たな歴史文化体験(ローカル5GとMR技術を活用した新感覚エンターテインメント)

平城宮跡歴史公園内の屋外の「復原遣唐使船」を舞台に、ダンサーのパフォーマンスにMRグラスに表示させたCG演出効果を重ね合わせることで舞台風歴史体験を実現する。複数の参加者のMRグラスからの情報収集や映像コンテンツの配信に低遅延のローカル5Gを活用することで、参加者の位置や移動に合わせた映像表示や、手の動きなどのジェスチャーに合わせた演出映像の参加者全員の共有などを楽しむことができるという。NEC・凸版印刷・マクニカ・コトバデザイン、ローカル5GやMRを活用した新たな観光体験の実証実験を実施

新たな移動体験(ローカル5GとAIコンダクターを活用した安全・安心なおもてなし体験)

平城宮跡歴史公園の交通ターミナルを約5分間で周回する自動運転低速EVカート車内にAIコンダクターを搭載する。手を車両から外に出したりマスクを外して乗車した際は、車内映像をもとにAIコンダクターが注意アナウンスを行う。また、参加者と対話して参加者の関心に合わせて解説や案内を行う。車内の映像や音声をローカル5Gで低遅延で伝送するため、より自然なアナウンスや対話を実現する。NEC・凸版印刷・マクニカ・コトバデザイン、ローカル5GやMRを活用した新たな観光体験の実証実験を実施

同実証における各社の役割は以下の通り。

  • NEC:全体管理、ローカル5G技術提供
  • 凸版印刷:MR技術、映像配信制御システム開発、コンテンツ制作
  • マクニカ:8人乗り低速EVカートと自動運転システム提供
  • コトバデザイン:AIコンダクター開発

なお、同実証は総務省から受託した令和2年度「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」のうち「観光・文化分野におけるローカル5G等の技術的条件等に関する調査検討(MR技術を活用した新たな観光体験の実現)」として実施される。

Previous

IoT人気記事ランキング|栽培技術の革新とデータで未来の食を守るMIRAIの植物工場など[2/15-2/21]

日立、ドローン等による空撮映像から災害状況をAIで把握する映像解析の基礎技術を開発

Next