IoT NEWS

パナソニックとマカフィー、自動車へのサイバー攻撃を監視する「車両セキュリティ監視センター」の共同構築に合意

自動運転技術の革新的な発展や、デジタル化の進展、コネクティッドカーと呼ばれるネットワークに接続する車両の増加などに伴い、自動車を狙ったサイバー攻撃のリスクは年々高まる一方であり、自動車業界では、サイバー攻撃から車両を防御・監視するための仕組み作りが急務となっている。

パナソニック株式会社とマカフィー株式会社は、自動車向けセキュリティ監視サービスの事業化に向けて「車両セキュリティ監視センター」(以下、車両SOC)の構築を共同で開始することに合意した。

パナソニックでは、工場の生産設備・生産プロセスを管理・制御するシステムやネットワークをサイバー攻撃から守る、工場SOCを2016年より運用している。

また、自動車向けには、車両へ搭載し、サイバー攻撃の発生やその攻撃種別などを判定して、車両SOCへ分析用データを送信する車両侵入検知システム(Automotive Intrusion Detection System)や、車両SOCにおいて、車両侵入検知システムから受信した大量のデータを分析し可視化するセキュリティ情報イベント管理システム(Security Information and Event Management System)を開発してきた。

これらと、SOC(Security Operation Center)やマネージド・セキュリティサービス(MSS)を支援するマカフィーのSOC構築および運用支援で培ったノウハウを結集し、車両に仕掛けられるサイバー攻撃を監視する車両SOCの構築を共同で開始する。

ネットワークに接続する世界中の車両をサイバー攻撃から守るために、攻撃の高精度な検知や早期対応を可能にする車両SOCを構築することで、自動車業界のサイバーセキュリティ対策の強化に貢献するとしている。