IoT人気記事ランキング|PLCと産業用PCの良さを両立する、オムロンのマシンオートメーションコントローラ ーオムロン 岡氏 インタビューなど[3/22-3/28]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 PLCと産業用PCの良さを両立する、オムロンのマシンオートメーションコントローラ ーオムロン 岡氏 インタビュー

製造業において、製造工程は日々高度化している。例えば、検査工程が増加していたり、トレーサビリティデータを取得する必要が出てきたりしている。

元々、製造工程の制御を行っているのは、PLCと呼ばれるコントローラである。PLCは、制御に特化したコントローラで、ラダー図と呼ばれるプログラミングによって、予め定められた順序に従って制御を逐次進めていく。
→詳細はこちら

2位 スマートホームの基礎とトレンド

そもそもスマートホームとは、1980年代にアメリカで提唱された概念である。日本では、1990年代にトロン電脳住宅が話題となりホームオートメーションブームが到来。2010年ごろには、アメリカのスマートグリッド(エネルギーに関する取り組み)の取組みが注目された。
ちょうどスマートフォンが世界的に広まったことをきっかけに、スマートフォンと接続するデバイスが登場し、世界的なIoTブームの到来とともに市場を広げることとなった。
→詳細はこちら

3位 オープンな3D都市モデル「PLATEAU」でまちづくりのDXを加速する —国土交通省 細萱英也氏インタビュー

国土交通省が主導し、日本全国の3D都市モデルの整備・オープンデータ化を展開する「Project PLATEAU(プラトー)」が、2021年から本格始動した。

都市がまるごとデジタル空間に再現されたPLATEAUの3D都市モデルのデータを用いて、さまざまな民間企業や自治体が独自のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することができる。
→詳細はこちら

4位 画像認識AIの第一歩として最適な「Vieurekaカメラ スターターキット」

AIの画像認識と聞くと、難しいと感じる人が多いかもしれない。

実際にAIに興味があったり、自社に画像認識を導入したいと考えていたりしても、どうしたら画像認識を活用し成果を出せるようになるのか、画像認識について段階的に理解が深めるためにはどうしたら良いかということは、なかなか広まっていない。

「Vieurekaカメラ スターターキット」は、こうした問題を解決し、画像認識AIの開発フェーズの敷居を下げるために発売された。
→詳細はこちら

5位 アイリスオーヤマ、AI搭載のホワイトボードを発売

国内では、昨年の新型コロナウイルス感染拡大を受け、オンライン会議やオンライン授業の利用が加速している。一方で、対面とは異なりリアルな会議や授業の臨場感に乏しく、発言者の表情や感情を感じづらいという課題も抱えている。

アイリスオーヤマは、より臨場感のある会議や授業の環境を提供する「AIインタラクティブホワイトボード」4機種を3月19日(金)より企業や教育機関向けに販売を開始すると発表した。
→詳細はこちら

6位 都市のDXが進む「スーパーシティ」構想とは?

世界中の企業がAIやビッグデータを活用し、DX(デジタルトランスフォーメーション)によってビジネスや暮らし、社会全体のあり方を根本から変えはじめており、街づくりも例外ではない。

内閣府は2018年、これまでのスマートシティとは次元が異なる「まるごと未来都市」をめざす、世界最先端の「スーパーシティ」構想を発表している。世界に先駆けて日本型スーパーシティを実現し、世界にモデルを提示できる可能性があるとして、急ピッチで進めている。
→詳細はこちら

7位 凸版印刷、IoT重量計「スマートマット」を活用して在庫をリアルタイムに可視化する実証実験を開始

凸版印刷株式会社と株式会社スマートショッピング、西部ガス株式会社は、西部ガス物流センター内の在庫をリアルタイムに管理する実証事業を、2021年3月23日~2021年7月31日まで行うことを発表した。

同実証実験では、スマートショッピングが持つ「スマートマットクラウド」で使用するIoT重量計「スマートマット」を使用し、西部ガス物流センター内の在庫数量を重量により自動計測することで、物流センター内の在庫をリアルタイムに可視化する。これにより、製品在庫の自動棚卸が可能となり、在庫管理で発生するさまざまなリスク回避の可能性と業務負荷の削減効果を検証する。
→詳細はこちら

8位 DX戦略を作るのに必須となる、5つのビジネスフレームワーク

DXが、「ビジネスモデルやビジネスプロセス全体をデジタルありきで変革するものだ」とわかったとして、次の一歩が踏み出せない、というご意見を伺いました。

ビジネスモデルにせよ、ビジネスプロセスにせよ、自社のことを横断的に理解していないと、何をどうやればよいやらわかりません。

その一方で、自社に対する理解を飛ばして新しい取り組みに進んでも、取り組み自体が本質的にならない場合がほとんどです。
→詳細はこちら

9位 攻めのDX、守りのDX

皆さんは、「信長の野望」という戦国武将ゲームをご存知でしょうか?

私がまだ子供の頃からあるゲームで、戦国時代の武将となって、全国統一を目指すと言う、シミュレーションゲームの草分け的存在です。

このゲーム、実際にやってみるとわかるのですが、自分の国の「兵数(農兵、足軽、騎馬)」「武将数」「兵糧収入」「農地」「生産性」「肥沃度」「治水」「人口」・・・などといった、国を構成するさまざまな数値が明らかになっています。
→詳細はこちら

10位 富士通、製造業のAI活用を支える「現場品質AI」を販売開始

製造現場では、高品質を保ちながら、生産性向上とコスト削減の両立が求められており、AI技術を活用した製造プロセスの効率化や品質保証レベルの向上などが進められている。

製造現場へAIモデルを適用するには、現場に点在する各種設備の膨大なデータを収集し、リアルタイムに処理する必要があるため、一般的には設備の近くに設置されたエッジデバイスへAIモデルを導入し、処理を行う。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから