ヤマハ発動機、GPSを活用してライダー技量を見える化する「YRFS」を開発

ヤマハ発動機株式会社は、ライダーのスキルアップの支援を目的に、走行技量を可視化しフィードバックする「YRFS(ヤマハ・ライディング・フィードバック・システム)」を開発し、4月10日から安全運転啓発活動「YRA(ヤマハ・ライディング・アカデミー)」で導入することを発表した。

YRFSは、車両の位置・速度のデータを簡易デバイス(GPSロガー)で取得し、走行時の「加速・減速」と「旋回」を見える化するシステムだ。

レッスン中に撮影した旋回時の乗車姿勢写真と走行データを載せたフィードバックシートをレッスン受講後に提供する。

また、それらを照らし合わせることで浮き彫りになった受講者の課題やレッスン中のアドバイスを、「インストラクターコメント」として示すことで、改善ポイントを振り返れるようにしている。

これらにより、受講者の運転技術の向上をサポートする。

ヤマハ発動機は、ヒトの操縦および車両の運動特性の研究をしており、YRFSはそうした研究で得た知見や技術の一部を用いて開発された。

今後は国内の安全運転啓蒙活動での活用を皮切りに、タイや中国など海外の指導現場にも順次導入していく予定だという。