アスクル、物流における複数の予測モデルを連携させるデータプラットフォーム「アスクル・シミュレータ」を発表

アスクル株式会社は、物流における個々の予測モデルを連携したシミュレーションを実現する独自のデータプラットフォーム「アスクル・シミュレータ」を発表した。まずは、事業所向けサービスにおける非在庫品から在庫品への切り替えによる売上改善予測モデル等の運用を開始した。

アスクルでは、「データレイク」「モデル」「可視化・シミュレーション」の3層からなるデータ・エコシステム「ASKUL EARTH」に取り組んできた。しかし、各モデルはそれぞれ最適化する指標が異なるため、「アスクル・シミュレータ」によって、複数の予測モデルを連携した全体最適化を目指す。

アスクル、物流における複数の予測モデルを連携させるデータプラットフォーム「アスクル・シミュレータ」を発表
「アスクル・シミュレータ」は、「ASKUL EARTH」の最上層「可視化・シミュレーション(森林)」に位置する。
そして今後も、「アスクル・シミュレータ」へ新たな予測モデルを順次追加していくとしている。